2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

現行CDで十分と言うスレ PART;5 只今:

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 10:40:15 ID:p2vuUsRS
PART 4で書きそびれた方、どうぞ!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 10:51:46 ID:zzJuw0cZ
2げっと!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 10:56:31 ID:Blg4+HXZ
>現行CDで十分

( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ

( ゚∀゚)ァハハノヽ/ヽ/ \

( ゚∀゚)ァハハノヽ/ヽ/ \

( ゚∀゚)ァハハノヽ/ヽ/ \

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 12:03:42 ID:p2vuUsRS
>3
何がおかしいんですか?( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 12:13:51 ID:vUHaAEPR
( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ ( ´,_ゝ`) プッ

6 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :2006/10/01(日) 12:25:22 ID:SD5Zhwvu
ぉまぃらへーこくな

7 ::2006/10/01(日) 12:30:17 ID:p2vuUsRS
>3・5
「CDは家庭でスタジオと同じ音が得られる・・・究極の音楽ソフト」・・・と言う
ところが、おかしいのでしょうか?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 12:46:50 ID:vUHaAEPR
>>7

答えになっていないけど以下のようなことにも書いている
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/oto/index.html
などを読まれて研究されたらよいと思う。

「総重量160Kg、1,700万円という価格、どれをとっても前代未聞の超弩級アナログプレーヤー


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 14:50:06 ID:pZ3QyNeZ



CDでは不十分だというスレ
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/pav/1159573878/




10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:42:06 ID:nQQJPFBV
昭和56年ラジ技誌のトピックスで、フィリップスが開発したデジタルデスク
の紹介記事があった。
まず感じたのが、レーザーでデスク上の凸凹を読み取るなんて「嘘でしょうと
思った」しかもノイズレス、ダイナミックレンジ90dB以上、再生周波帯域
は0〜20KHz、これはもう、近未来的なスペックだと感じた。
時代は下って、平成15年、SACDが発売されると言う記事がMJ誌に載っ
た、しかしCDのようにインパクトは無かった。音がクッキリ・ハッキリした
CDに対して、薄く味付けされたSACDの音は高級オーマニしかその良さが
理解できなかったのが痛い。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:07:47 ID:rM6Zmvto
昭和56年と言えば、西暦1981年のことか。
そんな時代に机の上の凹凸を読み取って
音にする技術があったとは初耳だ。
SACD発売が平成15年と言うのも初耳だぁ。
どこの星の話だろう?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 17:48:59 ID:y7tDzBCS
ん〜確かDAD(デジタルオーディオディスク)と呼ばれるやつじゃなかったっけ?試作品だかなんだか忘れたけど、なんかで見た記憶があるね。
SACDはDVDの数年後だと思ったけど。

13 :10:2006/10/03(火) 00:31:16 ID:mhkAYiX5
>11
>そんな時代に机の上の凹凸を読み取って
音にする技術があったとは初耳だ。
・・・はっはっは、ユーモアの亡き方。DISC=ディスク

>SACD発売が平成15年と言うのも初耳だぁ。
>どこの星の話だろう?
ソニー星です。・・・笑



14 :11:2006/10/03(火) 10:11:55 ID:aNozCztY
>>13
デスクは冗談として、SACD発売は地球では平成11年ダス。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 11:41:26 ID:AkW1gi6i
Gさま、ボケるには早いべな。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 18:30:07 ID:PPOdLEcg
DVDよりLDの方が絵が良い場合がある。非圧縮ゆえ画像が素直、スペックとしてはどう考えてもDVDに軍配が上がるんだけどね。

で、SACDとCDだがぶっちゃけていってCDのほうが音が良いのではないか?
CDはデジタルデータをそのまま出力できるからDACを作るメーカーがが切磋琢磨してすごいのがたくさん生まれた。
SACDはコピーされる事を嫌ったせいでデジタルデータを直接扱えない。

コピーガードの入ったCDが悲惨な音であるように、SACDにも何らかのなんらかのバイアスがかかってるに違いない。
SS誌でも小さく扱われていたが「SACDよりCDのほうが音が良いという人がいる」と書いてあったしね。

∴CDの方が音が良い

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 00:40:29 ID:GIYW0BAo
そう信じたいなら否定しませんよ。
我が国には思想の自由があります。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 07:13:40 ID:PQYzEQN/
>16
俺も聞いたことが有る。SACDとCD−DAを比べたら、SACDはソニー
のお仕着せDACのため、どうしてもソニートーンが耳に付くって言ってたけ

そのせいか、音が軽くPOPSもJAZZもCLASSICも皆、軽い味付け
で、物足らない感じがする。

反対に、CD−DAは色々なDACを使えるので、音色を楽しめる上、ドライ
ブ部とDAC部と分離することにより信号に外乱が影響しないメリットがある

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 17:51:22 ID:t2MOnfwJ
CD規格自体がソニーのお仕着せなんですが、>>18君はどのようにお考えですか?
CDの音はソニー臭いので、私はまったく聴く気にならないんですが。

20 :18:2006/10/04(水) 18:16:34 ID:041AKoMe
>19
CD−DA規格は厳密にはソニーが考えたのではなく、Philipsが基本構想
をソニーに売り込んだ規格。
その後、何度か技術問題でやり取りした後生まれたと記憶している。
また、CD規格を公開したのもPhilipsからの提案だった。(CDが広く普及
した原因が此処にある)
当然CD規格(いわゆるレッドブックという)は、各メーカーがロイヤリティーを払
えば自社独自の製造が出来たので、貴殿の言うようなソニー臭は無いと思うが?

デジタル録音及び再生における音質に深く関与するのが、ADCでありDACである
と認識している。SACDのように、ソニー製しか使えないADCやDACで録音・
再生すれば、ソニー臭はぬぐえないのではないでしょうか?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 18:31:24 ID:t2MOnfwJ
いやいや、両面・14bitのフィリップス案を言い負かし、現状の16bit・片面74分が
正式に採用された時点でソニー支配が決定的になったのですよ。そのあとCD規格に
フィリップスが何か貢献しましたか?
既定の規格を公開して普及を促進した経緯は、音質とは無関係だと思うのですが。

それはそうと、私はSACDがソニー臭いかどうかを論じていませんし、SACDがソニー
臭いとしても、その事実を肯定あるいは否定する立場にありません。どうでもいい
ことです。

22 :別にソニー信者じゃないけど:2006/10/04(水) 19:57:17 ID:MzxfdFWz
CDもSACDもソニーが作った土俵の上でメーカー全社が遊んでるのが実態。
CDやSACDに対抗できる土俵を作れるメーカーが他にないんだから仕方ない。
死滅した珍規格の数々がそれを物語っている。
ソニーも死滅した珍規格をいくつか作ってるが、満足に稼働する規格を
ひとつも作れない分際のくせしてソニーをどうこう言うのはおこがましい。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 00:23:48 ID:kHvJ5GrW
いやー、現行CDの基本構想はPhilipsが考えたことであり
ソニーと言うよりPhilips臭がすると思うが・・・

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 00:35:45 ID:Dc7JMVWg
まあSACDは確かにCDよりは高音質ではあるが
テープと比べたCDの音ほど明確な音質差がない。
ましてやシステムに奢らなければその差はかなり微妙。
つまりインパクトにかけるわけだ。
どうせ出すならもっとCDの音を圧倒するようなものを
出せばよかろうに。
まあ聴感上CDのクオリティでもかなりのものがあるだろうから
もはやそんな規格は不可能かもしれんが。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 06:37:22 ID:XJIwmLfy
>24
同意ッ!
知り合いにルヴォックスA−77で、サブマスターを聴いている幸せ者
が居るが、その再生音はハンパではない。
SPがTADのせいもあるが、SACDやDVD−Aなんかでは「絶対に」
出せない音だった。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 06:50:01 ID:xOPkf6Wi
DVD-Aの音質が最高である。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 09:56:03 ID:UwiiEgDX
>26
その根拠は?

28 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/10/06(金) 10:08:00 ID:dK48e3QS
>>24

>どうせ出すならもっとCDの音を圧倒するようなものを
>出せばよかろうに。

5年前は無理だったと思うが、サンプリング384KHZ、32BITの音源を
作成し、デモすればよいと思う。
さすがに差がありそうな気がする。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 14:19:18 ID:UwiiEgDX
だいたい20〜30%の人間が違いを聞き分けられないSACDなんて
存在する価値なし!
2トラ38のサブマスター再生音は、音と言うより空気振動に近いもが
含まれている。まさに演奏者が目前でのたうちまわる感じ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 16:00:47 ID:nyljRC23
勝手にテープ聴いて好きなだけのたうってろ

ほんとに2tr38に存在価値があれば今でも音楽ソフト市場で現役のはずだが

31 :このスレはDVD-A陣営の巧妙なトリップか?。:2006/10/06(金) 16:54:50 ID:dK48e3QS
このスレはDVD-A陣営の巧妙なトリップか?。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 19:24:14 ID:UwiiEgDX
DDD D D DDD
D D D D D D
D D D D D D
D D D D D
DDD D DDD

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 00:39:47 ID:E2h8T3Hh
>>30
サブマスターのマスターはデジタルだから。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 06:19:21 ID:U1uSjOfu
お前ら、こんなところでいじいじ揉めていないで、音楽を愛しなさい!







(キマッタ!)

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 09:19:41 ID:AUoLPzkT
>>34
グサ、グサ、グサ(汗)

36 :G:2006/10/07(土) 10:52:15 ID:UfFng9tX
新の技術誌を見るとDVD-HDとBlueRyeのどちらでも再生出来るコンパチ機用の
LSIが開発されたとか、これが実現されると、ソニーと松下との、いがみあいも
消費者の迷いも無くなる。
次世代CDもSACDなどと差別化しないで、「DC+」程度の表現にとどめておき、
今のハイブリッドSACDを発売したらよかったのに思う。(ただし、マルチは不要)
もちろんCD部分もフルスペックで焼き込みあからさまな音質差別をしない物を
作れば、消費者の理解も得られたのに・・・ソニーの二匹目のドジョウを狙った
のが失敗の始まり。これだけ無視されれば普及なんて夢のまた夢(笑)


37 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/10/07(土) 11:08:33 ID:o+tyn5dF
どっちにしろソnyは駄目だよ。何せ技術者が居ない。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 12:23:59 ID:JZFZdNo6
今度出たマイルスの紙ジャケは音質もいいらしい。

いくつか取りこぼして買ってないものがあるので、
買ってみようと思う。

39 :ゾンビ:2006/10/11(水) 09:25:03 ID:AB8qyVuM
こんな試聴データ−もあるが・・・
ttp://blog.livedoor.jp/jazzaudiofan/archives/50522378.html

40 : ◆WDBRVztuU2 :2006/10/12(木) 00:59:10 ID:N4S/AWGE
んだ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 22:31:01 ID:qwaBFujf
>39
プレーヤがいいってことですね。SACDプレーヤが負けてるものもある、と。
ちゃんと再生できればSACDのほうが情報量が多いことは理解した上で書いていますね。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 23:02:39 ID:ZgC7yLqt
>>41
つか、情報量云々は同じ音源でないと意味がない。

ところでSACDは音源があまりに、そう、有名どころだけ聴いていればいいという
風俗音楽ファンは別にして本当の音楽好きには、タイトルがあまりに不足している。

トータルで情報量が足りないのは、むしろSACD(俗名サクド)。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 14:01:35 ID:/LwLu6k1
>トータルで情報量が足りないのは、むしろSACD(俗名サクド)。

トータルで情報量が足りないのは、むしろSACD(戒名サクド)。



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 14:50:14 ID:WAKFmRC8
どこの馬の骨かわからん香具師のレポートなど参考にする価値ゼロ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 17:07:31 ID:EXe8CSaj
>>44は名の通った馬の骨ですか?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 19:34:03 ID:/LwLu6k1
どうして再生音ごときに高音質を求めるのでしょうか?
SACDなどの次世代CDを100%生かしきるには数百万円の
投資が必要かと聞きます。
それだけ投資して、現行CDより高音質で聴くだけの価値の有る
音楽ソースなのでしょうか?
もう生演奏では聴けない音楽家の音源を聴くためにオーディオで
の再生が必要なら、例えば、フルトヴェングラーやトスカニーニ
等のヒストカル録音を聴くために、DSD・96kのフォーマッ
トが必要なのでしょうか?
私には、レコ社のプロバガンダ的な言葉に踊らされているように
感じます。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 19:47:12 ID:yUYMuVFk
>>46 趣味の世界は個人にまかせておけばいいのです。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 20:03:39 ID:ygQIxXgg
SACDは素晴らしい
CDより明らかに優れた音を我々に提供してくれる

しかし最大の問題は
この優れたフォーマットに相応しいレコーディングを製作するには
現代は非常に厳しい時代だということ
演奏者、企画、予算、エンジニア、ニーズ・・・
ハードは着実に進歩し、ソフトは停滞または着実に退化している
古い録音のリイッシューだったら、CDでも十分だよ!

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 20:54:17 ID:cf3hobtn
>>46
漏れは古い録音のCD化に失望を重ねたあまりにLPに回帰してしまったのだが(笑)

フルトヴェングラーもトスカニーニも、シゲティもカザルスも、CDはひどいと思う。
LPのほうがずっと生々しい良い音で聞くことができる。
(SP録音なんかは本当はLP復刻盤よりSPそのものがよいんだろうけどな)

ステレオ録音ももちろんLPの方が数段上だ。
セル/クリーヴランドのCDなんてぎすぎすしてとても聞けたものではないが、
LPなら国内盤の「セル・クリーヴランドの芸術1300」シリーズですら潤いのある良い音で鳴る。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:07:12 ID:T1slMfjI
セル/クリーヴランドのSACDは相当ましですよ。
もちろん、聴いてみろとは申し上げません。ええ、絶対に申し上げませんとも。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 02:24:43 ID:N3JZdUjH
>>46 実情知らなさ杉。

雑誌AUDIO BASIC Vol.35 のP186〜187 の
パイオニアDV−578AでのSACD,DVD Audio VS アキュフェーズDP−67
で、20倍近く価格差がある DV−578A(今の後継モデルはDV−696AV)
が音質で十分戦えかつ、勝る点があるという記事あり。
(比較に使用したAMP,SPが結構高いのは、差し引かなくては行けないが)

別に100パーセント生かす必要なし。
ソフトさえあれば、CDより安いハードでより高音質が得られる。
実際、うちでは約10万円のユニバが、約40万円のCDプレーヤーを圧倒している。
ハードで浮いた分ソフトが買える(ソフトが無いのが最大の欠点・弱点)。
だれかソフト増やす方法を提案してくれ〜〜〜〜〜

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 00:13:38 ID:WSBrhVbG
tp://www.acoust.rise.waseda.ac.jp/publications/happyou/radio/radio-1977may.pdf

> 山崎: ええ、機会あるごとに可聴帯
> 域外の特性は聴感に何ら影響ないと主
> 張してきました。それにPCM録音や
> ディジタル計測をしていますが、標本
> 化定理に基き20〜25kHzに帯域制限し
> ますが、音がいいとこそいわれ、悪く
> なることなど皆無ですから (笑)。



53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 00:24:33 ID:KEIWA9zP
何か、SACDって的外れな気がするのですが。
でも音質がCDより良いのは認めます。
最も必要なものは、普及でしょう。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 00:37:23 ID:1HuBlIKK
圧倒的大多数のゴクごく普通に音楽を日常聴いてる人達は
CDとSACDの音質の差なんて、どうでもイイ話しなのある。


よって、普及は絶望的だな。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 00:57:09 ID:Kj4srISd
LPとCDの差って、周波数特性とか音の芯というような音質的な部分じゃなくて
スクラッチノイズとか指紋とか静電気といった万人にわかる差だったから
簡単に取って代わられた。

CDとサクドの差ってもっと微妙でヲタしか喜ばないようなものだから、
意味ないね。

しかし、タイトルの差ってのは歴然としているからもうサクドは一切終了の方向でいいでしょ。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 03:52:29 ID:JDhWVeSu
ttp://store.yahoo.co.jp/audio-square/dv696av.html
パイオニア DV696AVは1万3千円か、普及はこれからこも知れないね。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 10:28:26 ID:EosoPMz8
確かにSACDは優れている、しかし後発フォーマットが先発のそれを
凌駕するのは当たり前である。
ゆえに、CD−DAが欠陥だとか糞と言うのは、如何なものかと・・・

書き加えるならば、アナログにおけるSPからLPに進化したのと同じ
ではないかと考えるが、間違っているだろうか?

今、SACDの普及を増やすのは、ソフトの大幅な増強とSACDPの
CD−DA再生能力を強化することであろう。これが出来なければ、前
出カキコ通り死滅するであろう。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 10:37:53 ID:EosoPMz8
おっと、書き忘れた。
新規のSACDPは殆ど1ピックアップでSACD層とCD−DA層
をレーザービームの切り替えで対応しているが、>ダメだ!

動作が遅いが、SCD−1(777)に採用された2ピックアップに
よる完全分離型を採用するか、それぞれの専用機を持つのが必要だろう。

それに合わせて、ハイブリッドSACDのマルチレーヤーは止めるべき
だと思う。
私は、同一面上にSACD層とCD−DA層を構成するべきだと思う。
(SACD層を通してCD−DA層の読み取りは安定性に問題あり)

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 15:19:04 ID:FtpfXV+p
> 2ピックアップ
故障の発生率が2倍になりますが御了承下さい。

> 同一面上にSACD層とCD−DA層を構成するべき
CDの収録時間が短くなりますが、お値段は据え置きですので御了承下さい。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 17:47:21 ID:BPeMCsb7
ハイビジョンTVならトーシロが見ても奇麗と分かるが、
安物ミニコンでSACDなんて再生してもなあ。

糞は糞(藁

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 17:48:00 ID:BPeMCsb7
そもそもさ、紙ジャケCDがあれだけ売れてるのに、何でsacdは
標準がプラジャケなの?

もうアホかと。

62 :58:2006/10/15(日) 18:12:29 ID:EosoPMz8
>59
SACDのマルチレーヤ層に緑レーザーで圧縮書き込めないかと
思ったのだが、無理ですか。じゃ、やっぱしCDで十分だ。

63 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/10/19(木) 08:31:34 ID:kgMxVz+s
>>61

紙ジャケ、プラジャケ、、、、、、
そんな鮭喰ったこと無いがどんな鮭かいなと思ったらジャケット
のことね。アホですた。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 09:49:33 ID:kKzQNC3V
63に座布団一枚!

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 10:07:15 ID:q16ozGSE
最近でもフツーに発売されてるCDが全部SACDじゃない時点で、
あまりSACDが必要で無いという事でないのかな?


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 10:42:54 ID:Lazzw9On
「発明は必要の母」というぐらいだから、
みんな企業や提灯雑誌の煽り記事に騙されているんだよ。

しかもオーディオの世界はオカルトグッズの蔓延でもわかるように、
主観性が強いからね。「もんのすごいいい音だ」って言われれば、
そう思っちゃう人は確かに多い。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 13:32:43 ID:HMktEMJq
>>66の仕様
1.聴覚障害がひどく、音を聞くだけではCDとSACDの差がわからない。
2.主観性が強く、掲示板で自分の意見を他人に押し付ける。
3.SACDプレーヤーを持っていない。
4.企業や提灯雑誌の煽り記事に騙されない自分は頭が良いと思っている。
5.煽られるとすぐむきになって反論する。詳しくは↓を参照。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:13:31 ID:GhULlwZ0
概ね>67が言っている事は正解だと思う。
1.聴覚能力が平均的であれば、音を聞くだけではCDとSACDの差がわからない。
2.洞察力が強い人は、ソニーの意図が判るので掲示板で自分の意見を他人に押
  し付けるように注意を促す。
3.十分現行CDでSACDに対抗出来るので、SACDプレーヤーを持っていない。
4.企業や提灯雑誌の煽り記事に騙されない自分は正しい主観を持っていると思
  っている。
5.煽られるとすぐむきになって反論するくるらい情熱を持ってピュアーAを楽
しんでいる。詳しくは↓を参照。



69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:26:28 ID:62z7uCZ5
全問正解か。まんざらじゃないな。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:00:55 ID:gaYPUxmD
そりゃ、ほとんどの人にとっては、
CDとSACDの差なんて微々たるもんだろうよ。
でもさ、ここはピュア板だろ?
その僅かな違いが気になるヤツらが集まってるはずと思うのは、
オレの勘違いなのか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:27:12 ID:2qcsFvKI
勘違い。そんないい耳の人もいないし、ほとんど脳内だし。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:50:50 ID:nsjVnhPW
その僅かな違いが気になる人は、だいたい頭がおかしい

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 03:23:28 ID:5ToWrGld
>72
はいはい。違いの判るわれわれは頭がおかしいんですよ。
そういう人が集まってる板なんでね。おあいにく。
違いのわからない人は来る資格無いから。別の板にでも行ってれば?

74 :P-0s:2006/10/21(土) 10:12:03 ID:S6RE9RCy
>73
あの〜う、このスレは「現行CDで十分というスレ」なのですが・・・・

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 10:23:36 ID:7heCC57P
僅かじゃないと思うんだが・・・。
僅かだと思ってるやつはオーディオがプアなんじゃね?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 13:16:13 ID:Q3LWXPVY
>>74
安置がレスしても、まあ良いではないか。 by 天野ジャック

>>75
禿同〜〜〜〜
家なんか一般人に音違いすぎで文句言われた。
システムの総金額が3点10数万円超えていれば、明らかな差は出せると思う。
使いこなしがピュアでなくプアだと思う。

CDでも優秀録音なら下手な録音のSACD・DVDオーディオ
を超えてしまうのが厄介だが、希少なCDなので問題ない。
問題なのは、差が分かっても一般人の購買動機にならない事。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 14:20:29 ID:xCXf+poc
オーディオマニアって馬鹿の集まりなんですね。

世の中のためにならないから消えろよ、このチンカス野郎!

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:37:22 ID:PxIZeKd9
>>77
お前が消えた方がいい。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 18:46:53 ID:S6RE9RCy
>の中のためにならないから消えろよ、このチンカス野郎!

チンカス野郎って、どのような人のことを指すのでしょうか?教えてくだされ
チンカス・ズッカーマンじゃないですねぇ?それともチンカス=テンカスでも
ないですねぇ?


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 18:56:10 ID:S6RE9RCy
ソニーはCD-DAのパテント料で莫大な利益をフィリップスと共に稼いだが
ハードは伸びなかった。
ハードはフィリップスの衣を借りたマランツが、全世界的に売りまくり、
ハードの稼ぎ分をソニーから奪った。
そのため、SACDでは、ハードも自社製品を売れるように、秘密主義路線を
取ったため、CD-DAのように売れなかった。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 19:13:14 ID:qxmEye+R
夢のCD:ガラス製「音」劣化しない 1枚9万8700円
http://www.mainichi-msn.co.jp/photo/news/20061021k0000e040064000c.html
( ゚д゚) つ 「せこく10万切ったりする必要ないだろうに」

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:02:45 ID:lHUQeIal
すげーオカルトグッズだな。

その評論家に、CDの仕組みやデジタルの意味を誰か教えてやってくれ w
しかもガラスは固体じゃないから重力で形が変わるってのに。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:20:38 ID:SAqv8orR
ポリカーボネイト樹脂よりガラスのほうが化学的に安定してない?
確か最近のHDのプラッターもガラスじゃなかった?
デジタル系の長期保存にはいいのかも。羊皮紙並みに持つかも。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:24:56 ID:2mMaTtLv
つ 反射膜の耐久性

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:37:23 ID:riogPgGC
当然、金蒸着なんだろうな?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:50:56 ID:2mMaTtLv
つ 蒸着の耐久性

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:56:26 ID:JYaGAVqz
98,700円か。この金額をどう思うかだが、ガラード401の程度の良いものが買える値段だな、
俺ならそう考える。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:09:15 ID:qxmEye+R
>>52
サンプリング周波数が高くなくてはならない理由は高音の再現性ではないと
思う。

http://www.nbiol.med.kyoto-u.ac.jp/research.html
1度の視野角度に相当する距離は5メートル先で9cmになります。
また、水平面で視野角1度に相当する位置に音源が動きますと、
音源から左右の耳までの音の伝達距離が変化し音波の到達時間も変わります。
頭の大きさを反映して、この時間差は、フクロウでは4マイクロ秒、
ニワトリではおよそ2マイクロ秒、人では10マイクロ秒になります。
人やフクロウはこうしたわずかな時間差を識別できます。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:11:45 ID:qxmEye+R
続き。
左右の音の時間を再現するにはサンプリング周波数を上げる以外ないのでは
なかろうか。



90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:48:48 ID:2vE5+C74
しかし、たしかにガラス製CDは音が良いように聞こえたが。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:04:25 ID:GEaOdPQL
ガラスCD…落としたらやっぱ割れる(割れやすい)のかな?

まぁ滅多にないだろうけど。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 11:52:57 ID:f+B4hTTd
ガラスCDには、興味深々。

聞くだけは無料だから聞いてみよう。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:01:15 ID:WW8yRH/9
アナログ録音してあるわけじゃあるまいし、デジタルデータで読み取り欠落あったら
音質が変わる程度じゃ済まないだろうに・・・どういう理屈だよw

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:13:31 ID:EAn0QIy7
デジタルが0と1しかないと思ってる奴は素人。
電子回路は全部アナログです。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:59:41 ID:6PJL9T1i
レコーディング音楽とは、所詮カンヅメ音楽、再生時の機器のグレード違い
により若干リアリティーが生じても聴き手は再生音としては・・・と先入観
がある。SACDとCdの違いなんて知れたもの。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:30:53 ID:+rk6/7fm
>>95
原音再生原理主義者は、厨房の発想でスレ違いですよ。
制約だらけだが、どんどん生のコンサートに通うか、自分で演奏して楽しんでください。
全ての香具師が真の原音再生だけを趣味にしているわけではない。

カニ缶・ツナ缶・コンビーフなど缶詰でしか味わえない味もあるのだけれど。
最近は、レトルト・冷凍食品が主流だけど
最近の高級冷凍食品は、一流レストランのシェフが真剣に取り組んでいたり
する物もある。
過去に道場六三郎氏の監修したインスタントのお吸い物を飲んだことあるが、
普通の割烹料理店で飲むお吸い物よりおいしかった。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 23:04:04 ID:6PJL9T1i
確かに高級インスタントは、料理屋で食する料理を凌駕する物も有る。
ただ、私が言いたいのはこう言う高級インスタント(再生音)の中で
レトルト・冷凍食品(SACD・LP等)と、カンズメ(CD)とは
味に関しては大した違いは無いのではと・・・・それより、それらを
美味く調理する技術(録音技術)の方が大事だと。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:34:48 ID:QeGzENif
録音やマスタリングでラフなことをやっても破たんしないほうがよいだろう。
すぐれた録音技術者、マスタリング技術者ばかりじゃないだろうから。


99 :イモ野郎:2006/10/23(月) 01:37:31 ID:gjxAC63I
↓切番ゲッター様指定席

100 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/10/23(月) 05:34:33 ID:Pa8dBLeL
::::::::::;、 /!゙、', ! ! ..:;'!:,' |::;'.r''",rl!、゙゙ヽ,l!';:l:::: :;':.::::゙/7'ト、:.::: .    l !
、;;r'",、':::! ,゙、 ';:';:::l l! l:;' ' ./!  j!   ',!::;:/:;/ / .l:::/,'::..:::    !'
  /:::::j ゙ヽ、,ゝ'、| l.  '  lri;、r/     ゙ツ''" ',、"'';':://':;'::: / . j'
/:::::::ツ   { r'、    ,,';;;ン'          / .;! }!'./:/::.,r': .:::/
゙'ヾ;/    ゙、'、ヽ     ゙''''        /'r/ " '/:/::;/,r'  えっ!?
.,/        :ヽ、、,              , l;ツ  ,,',-''":;/'"
"         ::::l:::::::\           ''゙ ` ゙ / ノ‐''"    100ゲットですって?
       ..:::::l:::::::::::/゙' 、     σ       ,''"
   ...::::::::::::::ノ::::::::::/   ゙ヽ、,      ,,.、r'        まぁ・・・
..:::::::::::::::::;.r‐ ''''''''''‐、,     ゙'ァ‐‐ '''"" i'    
:::::::::::::::, '        ヽ,    /:::::::::::: ! {      
;:::::::::::         ゙l'、、  { 、;:::::::::. ゙、.', 


101 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/10/23(月) 05:38:34 ID:Pa8dBLeL
>>96過去に道場六三郎氏の監修したインスタントのお吸い物を飲んだことあるが、
普通の割烹料理店で飲むお吸い物よりおいしかった。

ワタスは道場六三郎氏のお吸い物、銀行からお歳暮で貰ったが
なかなか良かったよ。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 05:56:41 ID:CHGfc4zz
嫌がらせ男情報
富山県 礪波市 南砺市方面
スポーツカー黒マフラー爆音
眼鏡DQN顔20代後半から30代前半

富山県南砺市 旧井波方面
スポーツカー黒
眼鏡小太り20代後半から30代前半

富山県南砺市 旧井波方面
スポーツカー黒
眼鏡痩せ型20代後半から30代前半

富山県南砺市 旧井波方面
スポーツカー黒
30代から40代

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 13:02:29 ID:cnmn18M3
このスレタイは個々の捉え方によって違ってくる。
「CDで十分」と言うのも正論、「CDで不十分」と言うのも正論。
要は、価値観というか見解の相違であると思う。
我が国の現状を「うっくしい日本」と捉えるか「ひずんだ日本」と捉えるか
個人個人の感じ方だと思う。
パッパラ音楽の電子楽器を多用したCDを、SACDで高級システムで聴くのは
「もったいない」と感じないだろうか?「栗東の新幹線新駅凍結と同じである」
反対にクラッシック&JAZZなどの臨場感溢れる音楽を出来るだけ損なわぬ様
聴くにはSACDが最も簡単な方法だと思う(CDでもある程度可能だが、金が
掛かる)

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 22:12:52 ID:4ggP0M2C
インスタントを飲みなれた人は化学調味料が入ってないとおいしいと感じない。
道場監修でも化調抜きでは化調になれた大衆相手に商品化できない。

一方老舗の真面目に出汁取って料理するところは化調を使わないが、
味のわかる人にしかわからない。

「鉄人」の道場の山盛り出汁とりは、味音痴向け審査員に向けた苦肉の策だというしね。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 09:55:06 ID:bJXRCJNV
義弟が昔オーディオファンだった。スピーカーを自作して、雷とかドアの
閉まる音とか自然音をよく聞いてた。そんな彼が私のシステムを聴いて言った
一言が「FMって音が良いんだ。」。FMってあのFM放送の。俺は戸惑った。
原音追求の彼がFMの音に感心するなんて。そういえば、俺が初めてバラコン
組んだときも、ADよりもFMのほうが音が良かったっけ。

スレタイ見て、ふとこんなこと思い出しました。

106 :本音:2006/10/28(土) 10:41:19 ID:0RG7gABr
先週SA-14を買ったので、早速CDショップへ・・・
HMVのSACDコーナーを見てみると、「NAXOSレーベル程度の面積しか無いッ!」
仕方なく、ロイヤル・フィルの廉価盤を買って聴いてみたが、CDと余り違いが
無かった・・・というより、CDの方がメリハリが効いて良いように聴こえる。

システム:SA-14(CDPはLHH-900R)>コンセントラ>ソフィア  12畳相当
の洋間。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 19:00:57 ID:OsJoAx/K
そりゃ今まで出たCD-ROMのゲームとか見ても
あれだけの情報量があるわけだし、全部音の情報に回せるわけだから十分だわな

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 04:28:15 ID:PiLPVO13
>>106
気の毒だけどRPOはゴミばっかだから、それ1枚聴いたぐらいで判断するのは早計。
CDの音がSACDよかメリハリ効いてるのは事実。メリハリが好きならSACDには
近寄らない方がいい。

109 :本音:2006/10/29(日) 21:51:28 ID:LU3k/h5X
>108
>RPOはゴミばっかだから・・・
そうなんですか、廉価版SACDが発売され、これでCDと同じ感覚で
購入できると思っていたのに残念です。

実は、今日キタネンコのショスタコを買って来ましたが、おっしゃる通り
メリハリ薄いです。
バルシャイの方が、ハッタリくさくて面白いですねェ〜、特に爆演調の11
番、12番などは、CDの方がダイナミックに聴こえるのは何故でしょう?

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:23:40 ID:SU6oFloC
>>109
CDの方が音が雑で荒れていて硬い。
それをメリハリと錯覚している。
錯覚していること自体、全く悪いことでないことは断っておく。
よって、それを柔かく滑らかに削るフィルターのある
システムでは、フィルターの要らないソフトは、
ダイナミズムがフィルターで削られて失われるって事では?

111 :107:2006/10/30(月) 01:45:36 ID:3/QWLfUT
>>109
CDの音のダイナミックさは、迫力を出すために音をコンプレッサーで
圧縮して作ったせいでそう聞こえる。決して自然な音ではないんだよね。
たぶん好みから行けばDVD-AUDIOの音が気に入るんじゃないかと思うけど
あんまりソフトが出てないから勧められないんだよなー。
でも、SACDにはSACDだけの良さがあるよ。まあ、いろいろ聴いてみて。

112 :本音:2006/10/30(月) 12:49:04 ID:iMqR+i3z
>110・111
>CDの方が音が雑で荒れていて硬い。
>迫力を出すために音をコンプレッサーで
>圧縮して作ったせいでそう聞こえる。決して自然な音ではないんだよね
確かに言われてみれば、そのように感じます。
しかし、SACDが全く処理していないとは思えず、1bitDSD録音が
上手く生かしきれていないように感じます。
特にショスタコの12番などは録音時点で飽和しているように感じられ、
CDのようにコンプレッション処理した方が、ダイナミックマージンが
広く確保されているように感じます。もちろん強力な処理した為だと思い
ますが・・・・

113 :本音:2006/11/03(金) 14:54:33 ID:wdbeWzBO
いろいろな板に「CDでは不十分・・・」と出ているが、真意は如何であろうか
まず、音質については、後で出現したフォーマットであるため、CDより数百倍
優れているであろう、しかし、現時点では、録音マスにはそのようなスペックは
無駄ではないが、必要としない。
今、メディアとして必要なのは、安く、簡単、小スペース、録音が必修条件であり、
これらの条件に合わなかったSACD、DVD−Aが淘汰されつつある。
かろうじて、現行CDが長年の販売実績と安い、録音出来る条件が整っていることで
行きながらている。・・・・またこの状態は、しばらく続くであろう。

114 :よ〜く考えよ〜:2006/11/03(金) 18:23:05 ID:pX0bo92O
例えば、アナログのマスターテープに20kHzの正弦波が入っていたとしても、
44.1kHzのサンプリング周波数では、D/A変換した時に、20kHzの方形波が再生されることになる。
いくらオーバーサンプリング周波数を上げても、20kHzで急峻に落ちているという事は
そう言う事だ。

115 :本音:2006/11/03(金) 18:38:47 ID:wdbeWzBO
ハッキリ言わしてもらうと、次世代CDが現行CDの欠点をすべからく
解決して言うようにメーカーサイドは言ってるが、実は色々な問題を抱
えているように思われる。
例えば、データ−の欠落を補う考え方も、補間と言う考え方でなく、CD
の数百倍と言うデータ−なのだから、少々欠落しても大勢には影響ない、
と言う考え方や、高速サンプリングによる安定性の問題など、カタログから
は見えない弱点を含んでいる。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 18:55:13 ID:tCcDQX3o
iTunesに取り込んでいる俺としては
CDの形態が無くなったら困る
HDDなど信用できんし
なんだかんだ言って現時点でデジタルデータ保存に
プレスCDほど適したモノはないから

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 07:59:14 ID:HL7oVPe2
>>114
方形波には大量の倍音成分が含まれているぞ。方形波を正しく再生するには無限の高域が必要だろう

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 08:00:02 ID:HL7oVPe2
>>114
方形波には大量の倍音成分が含まれているぞ。方形波を正しく再生するには無限の高域が必要だろう

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 10:15:58 ID:Og+XJRzl
>>118は倍音

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 17:58:44 ID:HL7oVPe2
>>119
サンキュー

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 01:19:05 ID:GWE2sgQP
カキコすると倍音になるスレはここですか?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 01:19:39 ID:GWE2sgQP
カキコすると倍音になるスレはここですか?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 01:22:32 ID:GWE2sgQP
なるほど

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 16:52:09 ID:LyE4uuLj
無限のスレが必要になりました

125 :本音:2006/11/05(日) 21:10:16 ID:9BoWq0ax
カキコすると本音になるスレはここですか?

そうです。ココです。


126 :本音:2006/11/05(日) 21:13:52 ID:9BoWq0ax
本音は20kHz以上でも基本音の倍、またその倍と無限に伸びていますので
SACDでも不足でしょう。かろうじて再現出来るのはLPの45rpm盤で
す。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 22:29:00 ID:RQSubjeK
>>126
それを確認したテストレコードの型番とメーカーを教えてください。

128 :本音:2006/11/10(金) 13:05:25 ID:7KNAp1rw
>127
OW−7401−ND「PCM/45rpmレコードによるオーディオチェック」
日本コロンビア製

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 13:22:49 ID:RK7TIDxI
その代り45回転盤は低域が弱くなる

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 01:05:53 ID:CsN+bq6C
>>128
SACDより狭帯域の「PCM」ですね。


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 10:00:13 ID:UUPSB2p6
>130
俺も感じたんだが、PCM音源のLPはアナログ言えども20kHz以上は再生出来ない
のでは?
それとも、アナログ録音なら熱雑音とうが発生して超高域が生み出されるのだろう
か?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 10:27:53 ID:Du8kYB79
LPを再生すると盤に刻み込まれた音しか出ないなら
スクラッチノイズは出ないはずだよな

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 11:06:05 ID:h57AFpFE
うん、「そのまま記録、そのまま再生」が取り柄だからな。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 22:13:22 ID:BA0ooELo
>>131
そのレコードのマスターが24ビット録音だったら?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 23:22:34 ID:UVbV77aH
1977年に?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 09:43:53 ID:mSsZE5Qz
その昔、Project3ちゅうレコード会社がイノックライトを使って
スチューダーの1インチ幅テープで録った45rpmレコードがあったが
低域も良く出て素晴らしかった。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 10:59:28 ID:mSsZE5Qz
マジレス
CD−DAが本当に音楽鑑賞に耐えられないスペックのメディアなの
だろうか?
16bit、44.1K(Hz)と言うスペックは確かにSACDなどの次世代
CDが出現した今、物足らないような気がするが、それはアナライザー
等で視覚的に捉えた結果であり、耳で聴く聴感的に見れば言われている
ほどヤクザなスペックではないように私は思う。
音楽メディアが工業製品である以上、録音された音が変質する(ある周
波数がドロップアウトするとかファゴットがオーボエに聴こえるなど)
なら俗に言う欠陥製品だが、録音側の欠陥はあるが、メディア側での欠
陥は問題が起きていない(CCCDは別問題)
ある意味最も完成されたスペックではないかと考えるが・・・・


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 12:37:18 ID:2IJrFcsG
エソの中の人が言うには、出てから20年以上たったが未だにCDの情報を
全て引き出せてはいないそうだ。
広い意味では欠陥商品といえるのでは。 コストパフォーマンス悪すぎ。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 17:18:14 ID:5LgdI6w2
>>134
その年に24ビットADCがあったと思うかい?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 17:20:47 ID:5LgdI6w2
16ビットもフォーマットであって、
ADCやDACの実力ではなかったのに。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 18:27:26 ID:mSsZE5Qz
>138
それじゃ次世代はC/P比はヨサゲなんでしょうか?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 14:38:58 ID:RApZm78E
SACDの音質はCDと全く同じ!です。
CDは音楽を記録するのに十分すぎる規格です。
SACDのほうが良く聞こえるのは心理効果です。
14bit35kHzでも十分だったと思います。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 15:32:13 ID:y/fkUq/p
>>142はAMラジオで満足してそうだな

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 15:38:59 ID:o7PBQy0p
AMラジオは明らかに音が悪いです。
SACDやDVD-Aはマルチとコピー防止以外無意味です。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 15:47:33 ID:3jZMc4vF
>>144
結局いつもの話でどこまで自分が必要とするかという議論ですね。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:00:09 ID:o7PBQy0p
個人レベルの問題ではありません。
普通の音楽を鑑賞するのにCDで少しでも不足があるかどうかという問題です。
少しも不足はありません。
そりゃ再生装置がCDを十分に再生できていないならダメですが。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:46:25 ID:3jZMc4vF
>>146
>少しも不足はありません。
ここが万人にとってそうでなければやはり個人レベルの話ですよ。

それとも不足がある場合は全部情報を引き出せていないという話になるのでしょうか?
どうも上の方の議論を見ていて思ったのですがCDで十分かどうかと言う議論が
CDの情報が全て引き出せているかどうかと言う話に摩り替わったりしています。
それは違うのではないでしょうか?

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 17:03:45 ID:AvH8EQSK
高級CDPのやってることは全く知らんが、お化粧の範疇にはならんの?

CDってそんなに情報を引き出しにくい媒体なの?音に重大な影響を与えるほど?

CD以外のメディアも同じように情報を引き出しにくいの?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 23:12:15 ID:eMKowcvz
>>147
>どうも上の方の議論を見ていて思ったのですがCDで十分かどうかと言う議論が
>CDの情報が全て引き出せているかどうかと言う話に摩り替わったりしています。
別に摩り替わっているようには見えませんが。
すべて引き出せなくても十分な人には十分でしょう。

150 :本音:2006/11/13(月) 23:49:40 ID:KiyPrIcX
次世代CD論者さんには申し訳ないが、現行CDのマスターを
聴けば18bit44.1Kの凄さがどれほどか理解できるであろう。

私も、当初現行CDはいくら手を施してもしょせん次世代CD
には太刀打ち出来ないと思っていたが、P0-S+エルガーの
音は、SACDを完全に超えている。(本当ッ!!!)

評論家の諸氏もそろそろ次世代CDの提灯持ち記事を書くのを
止めて真のCD−DAを記事を書きなはれ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 23:55:20 ID:eMKowcvz
SACDやDVD-Aなら、もっと低コストで同等以上の音が出せる可能性があると
思うんだけど、もっとメーカーには頑張って欲しいね。
その為の新フォーマットなんだし。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 00:10:51 ID:H5mfDfP1
>>151
>SACDやDVD-Aなら、もっと低コストで同等以上の音が出せる可能性があると
>思うんだけど、

ニートの妄想だわな。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 00:45:50 ID:CB3v4Rwu
>>150
現行CDのマスターは96kHz/24bitだったりアナログだったりDSDだったりしますが?
96/24ならソースの情報量を損わないDVD-Aが適しているし、DSDなら同様にSACDが望ましい。
わざわざCD規格に丸め込む必要はないんですけど。

> 18bit44.1K
わからねえよw
>>150の件といい、あんた意外に物を知らねんじゃねーか?

154 :本音:2006/11/15(水) 00:31:22 ID:vIUYntZ+
>153
>> 18bit44.1K
>わからねえよw
>>150の件といい、あんた意外に物を知らねんじゃねーか?

18bitと書いて、16bitの間違いだと気付かぬくらいあんた意外に
物を知らねんじゃねーか? (笑)
44.1K(Hz)も標本化周波数のことよ。常識が理解できねえあんさんに
半端な数字の訳は、デジタル信号の記録にVTRを利用したためだよ。
CCIR方式は44.1キロヘルツ、NTSC方式なら44.056キロヘルツ、
初期のデジタル録音機は画像も記録出来なければならなかったので、標本
化周波数と画像記録用の垂直/水平同期周波数とを一つのマスタークロッ
クでコントロールしなければならず、水晶発振を分周して得られる44.1キ
ロヘルツに落ち着いたわけ。



155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 00:35:41 ID:JeUmE/el
よく調べましたね。
ご苦労様でした。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 00:38:18 ID:JeUmE/el
まあ、自分の誤記を開き直りでごまかすのもいいけどさぁ
>>150の「現行CDのマスター」の件についてもご意見を聞きたいな。
もう遅いけど、これからすぐ調べられる?

157 :本音:2006/11/15(水) 00:43:18 ID:vIUYntZ+
>iyadayo!


158 :本音:2006/11/15(水) 00:48:03 ID:vIUYntZ+
>155
なにかご褒美下さい。(笑

159 :150ではないが・・:2006/11/15(水) 12:40:52 ID:kFn6i9Wn
>150さんの言う、CDマスターではないが、JVCの「富嶽百景/鬼太鼓座」
(VICG−60010)は、聴いていて唸ってしまった。「凄い音が入っている
と・・・・・」

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:23:48 ID:rTQ4nAMb
>>154
>初期のデジタル録音機は画像も記録出来なければならなかったので、

初期のデジタル録音が記録した画像の具体例キボンヌ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:31:13 ID:pOqwE86o
ぶっちゃけLPで十分だな。
DACによってフラフラ音が変わるような糞フォーマットはデジタルと言うに値せん。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 00:02:33 ID:5F4DXUdr
PCM録音のLPもな。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 00:03:38 ID:FHzHkl8g
>>161
トランスポートによって…ならわかるがな。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 00:45:11 ID:FnjxS92T
>>159
たしかに、あの音は凄い。だけどな、世の中にあるソースを全部K2HDで
リマスターしてくれりゃいいが、そういう訳にはいかんだろ。
だから困ってんだ。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 09:11:18 ID:ohAk5HOi
>>161
LPもイコライザーで音が変わりますが、何か?

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 00:52:10 ID:1GSuHoxg
そのまま記録し、そのまま再生できるのがLP

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 04:29:38 ID:/kMgw1Lj
>>166
RIAAカーブって知ってますか?

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 09:19:29 ID:XrAh3Ix2
>167
Recording Industry Association of America

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 14:04:06 ID:LOCxW9GD
NABやAESも忘れないでくれよぅ!

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 14:55:58 ID:XrAh3Ix2
>169

http://www.ann.hi-ho.ne.jp/aria/amp/EQ-curve.htm

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 15:07:18 ID:GxxQLPgG
FMアコースティックなんかはいまでもカーブ選べるみたいですね。
見たことないけど。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 15:50:14 ID:fpPdfOVF
>DACによってフラフラ音が変わるような糞フォーマット

プ それが「糞」の理由?それなら 
カートリッジによってフラフラどころか過激に音が変わるような「糞々」フォーマット
のLPはどないなるんかな?
カートリッジだけじゃない、使うターンテーブル、アーム、ステップアップトランス、
イコライザでもフラフラ音が変わるぞw


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 17:03:41 ID:xmkSmVYa
>>172
ま、そりゃそうなんだけどさ、

DACのデジタル段から出るアナログ信号ってのはLPで言ったら
レコードの溝にすぎないわけだからさ、そこがDACのチップの種類でフラフラ
変わるっつーのはダメでしょ。その後のアナログ段による違いを楽しむのが
オーディオの楽しみなわけで。まあLPでもプレスによって溝自体が
違うから血道を上げて特定のプレスを高値で買い求める人が多いんだけどさ。
でもそれはDACを次から次へ買い換えるのと同様に、買い物の勝負で
あって、オーディオの楽しみではないな。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 21:56:28 ID:fpPdfOVF
>>173
頭大丈夫か?

LPの溝から発電機構の違いでフラフラどころか激烈に音が変わるアナログ形状エンコードフォーマットはOKで、
デジタルからDAC変換法の違いでフラフラ音が変わるデジタル各種エンコードフォーマットはNGってか?

馬鹿馬鹿しい。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 00:03:34 ID:xmkSmVYa
>>174
NGなんだよなそれが。
それを馬鹿馬鹿しいというデジタル野郎とはしょせん話が通じん。

だって、機材が生成するアナログ信号の初期段階ですでに信号が違うのと、
信号そのものは溝に刻まれていてそこからのアナログ段の処理で差が出るのとでは
質的にぜんぜん違うじゃん。そこの差がわからん奴に何を言われても

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 00:28:49 ID:xHkZ6E45
>>175
馬鹿文系クン?

だからさ、LPの再生だって機材(フォノモーター、アーム、カートリッジ全体)が「電磁的に生成」するアナログ信号
の初期段階ですでに「信号が違う」んだろが。溝上のうねり形状として「エンコード」された「全く同一の信号」なのに。

つーか、ターンテーブル、アーム、カートリッジ変えるとどれだけ音が変わるかも知らない厨房か?




177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 01:10:16 ID:8FBZ0ocn
>>176
だからカートリッジ等で信号に差が出るのと、デジタル信号をアナログに変換する
ときの差とでは質的に違うと書いてるだろうが。どっちでも差が出ること自体否定してない。
文章の読めない奴だな。おまけに冒頭にいちいち罵詈雑言を付加しないと反論できない
品のない人間だし。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 04:22:55 ID:apS2qKZL
>>176
サンリオ・伽羅の子猫ちゃんに普通でない人間と
認められたのでもう相手にするのは止めておけ。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 04:27:30 ID:8cQebq1h
一つ一つのディスクについて、作った時の機材と厳密に同じのを使わない限り
100%正確な再生とは言えんだろ。各種カッティング・レースや何十台ものDACを
全部揃えてる奴なんかいないし、揃えたとしても制作に使用した機材を特定でき
るわけないんだから、アナログ派もデジタル派も同じ穴のムジナだ。

180 :本音:2006/11/18(土) 18:04:06 ID:ov1pBB67
>179
>・・・るわけないんだから、アナログ派もデジタル派も同じ穴のムジナだ。

そうです。出てくるのが、ビチ糞かマキマキウンチの違いです。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 18:09:29 ID:9zvlOn1s
だとしたらどうやれば糞でない音が出てくるんだ?
おまえら何の目的もなしにただ言い合っているだけだろ。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 18:11:39 ID:QvnZcAvI
ビチ糞とマキマキウンチはどちらが元の食物に近くすることができるだろう。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 18:54:04 ID:S7rp5P0X
>DACのデジタル段から出るアナログ信号ってのはLPで言ったら
>レコードの溝にすぎないわけだからさ、そこがDACのチップの種類でフラフラ
>変わるっつーのはダメでしょ。


>NGなんだよなそれが。


>どっちでも差が出ること自体否定してない。


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 20:43:41 ID:Vzk6wune
ID:xmkSmVYaの言いたいことはなんとなくは分かる気はする。
デジタルへのエンコードしたものをデコードしたときには同じでなければならないと言いたいんだろう。
その後のアナログ段で音が変わるのは構わないと。

でも、デジタル段で音が変わることとアナログ段で音が変わることに質的な違いを認めたとしても実際問題の意味はないと思うな。
それと、DACの内部のチップ部分だけを変えて違いを求めている人は少数で、実際にはその後のアナログ段を含めてのDACなので
LPのカッティングの違いを求めるのとの比較は少し違うと思う。

それによく考えるとエンコードがカッティングであり、デコードはトレースなのでやはり貴方のその比較に同意しにくいですね。

185 :元・録音E:2006/11/19(日) 11:40:20 ID:UzFdtuHP
次世代CDのフォーマットは多分レコーディングメディアとしては最高の
仕様だと思う。しかし、残念なことに今の録音現場ではオーバースペック
である。
よほど特殊な音楽(現代音楽のハンマー打音とかトルコベルを取り入れた
民族音楽等)以外では、現行CDで十分だと思う。
何故なら、よほど注意深く録音しても20k(Hz)付近では−40dB
まで減衰してしまって、健聴者でも感知できない。
これは、アナログ録音においても同様で、イコライザーによる等価再生は
Cによる高域減衰回路を通るため20k(Hz)付近通過時点では−30
dBまで減衰し25k(Hz)時点では−60dB以下となっている。
(日本音響学会調)
では、現行CDの持っている欠点は(私個人的には)量子化ビット数が少
ないということ思う。
ダイナミックレンジは120dBは必要で、24bitの量子化は必要であ
ると考える。
以下、次の機会で・・・


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 11:55:22 ID:g/BfoJ9o
>>185
なんか矛盾した文章だが、結論としては現行CDでは不十分ということですね?

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 15:05:21 ID:+urkmt1S
Dレンジが120dB必要ならデジアンはお終いだな。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 19:28:20 ID:zWb24Ki9
確かに、アナログと比べてしまうと現行CDのDレンジは不満に感じるな。

189 :元・録音E:2006/11/19(日) 21:50:02 ID:UzFdtuHP
>186
結果的には、現行CDはDレンジの問題だけで、それ以外は上手くまとめていると
感じる。
さりとて、次世代なら満足かと問われれば、私は「NO!」と言わざるを得ない。
理由は、マルチと1bitだ。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 21:56:43 ID:g+U4J15b
昔のCDPのほうが 良いっす

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 22:01:05 ID:g/BfoJ9o
>>189
次世代がどうかはともかく、CDが不十分という点では私も同意見です。
やっぱりそれが本音だよねw

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 22:06:53 ID:tA1Gd3Iv
録音の良いCDと悪いCDがある以上、まだまだCDのスペックを
使い切っていないと感じる。



193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 22:10:57 ID:g/BfoJ9o
録音の良し悪しとCDのスペックは無関係では

194 :元・録音E:2006/11/20(月) 08:06:10 ID:PpKv7cOs
>191
>CDが不十分という点では私も同意見です。
誤解を受けていると思われるが、CDが不十分だとは一言も言っておりません。
特殊録音やオーヨタさん御用達の録音物以外では「現行CDで十分」いやオーバ
スペックかも知れません。
Dレンジの問題も、ごまかそうとコンプレッションを掛けたりする方が、よけい
不自然に感じるのです。この点フォーマットの良し悪しではなく、録音現場に奮
起して欲しいと思っております。また、パッパラ音楽には、全く問題はありません。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 12:57:19 ID:boYMKibt
ハイブリッドSACDでもマランツSA-17で聞くよりもCDレイヤーの方をCD-880で
聞く方がよほど音がよい。SA-17でなくもっといいSACDプレイヤーを買えばどうだ
か知らないけど、少なくともSA-17はCD-880の倍の値段したんだよな。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 16:15:58 ID:pkxRlxhO
>>195
SACDを何枚聴いたんだか知らないが、ずいぶん貧困な音が好きなんだね。
気の毒に思うけど、ま、人それぞれだから。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 18:20:26 ID:WoLZfO+B
>196
現行CDの音が貧弱と決め付けるあたりCDの可能性を否定しては
いないか。
音楽メディアは多種多様であり、メリハリのついた音楽はSACD
よりCDの方が表現性が良い。
また、SA−17はDA変換にSACD再生時にはHDAMモジュ
ールを1個/ch使っているが、CD再生時には2個/ch使って
高音質化している。
このあたりを考えれば、あながちCDがSACDより貧弱な・・・
とは言えないのではないでしょうか?

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 18:43:02 ID:po9iSp23
SACDは知人のところで(自分は持ってない)、DVD-Aは自分のところで随分聞いてるが、
どちらも音でCDよりは明瞭にワンランク上のポテンシャル持ってる媒体だと思うね。

でも、音楽(クラシック中心だが)再生の道具としては、CDでもLPでも十分に使えると思
う。
今LPとCD(プラス数十枚のDVD-A、DVD-V)あわせると千数百枚あり、コンテンツとしても
これ以上増やす必要も感じない。NHKハイビジョン5.1CHサラウンドの録画ソースは順調に
増えているが。

ただし仮に、どうしても気になる新譜があってCDとDVD-Aの双方で出てる、というようなことが
あれば、迷うことなくDVD-Aの方を買うけどね。

199 :196:2006/11/20(月) 19:25:35 ID:rZ/4xTiy
>>197
よく読みたまえ。
私は君の好きな音が貧困だと書いたのであって、CDの音が貧困だと書いたのではない。

聴いたことがあるかどうか知らないが、メリハリの効いた音楽はCDよりDVDオーディオ
の方が、君の書き方に倣えば「表現性が良い」。これは私の好む書き方ではない。

SA-17という機械は使ったことがないが、それで再生した時の音を普遍的なもので
あるかのように書いてもらっては困る。他の機械を使えば別の音質になり得るの
だから。
私の見立てでは、君は視野が狭すぎる。ひょっとして阿呆じゃないのか。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 19:33:28 ID:2IcXKkrF
つか、貧困な音って何だよ。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 19:44:06 ID:rZ/4xTiy
言葉の綾だ。
本人に向かって感性が貧困だと言うのは失礼だから、婉曲表現として
「あなたは貧困な音が好きなんですね」と書いた。察してくれ。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 19:51:23 ID:2hh2HGyb
SACD, DVD-Aは確かにポテンシャルが高いと思うが、DSDアナログ変換は
(あるいは現状のSACDPは)専用CDPあるいっはPCM用DACと比べると
まだ完成度が低いのではないかと感じている。
SACDP単体で聞いている限りではSACD>CDなんだが、SACDPをトラポとして
使って外部DACを繋ぐと評価が逆転する場合もあるような気がしている。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 21:46:59 ID:GnWcrPLC
>202
理論的にはDSDアナログ変換はPCMアナログ変換よりずっと単純で
誤差の入る隙が少ない変換だと思うけどね。刄ーの完成度並には
DSDアナログ変換の完成度はあるんじゃないの? 意味わかるよね?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 21:54:16 ID:2tQkaYQt
DSD=PDM ってことですかね。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 21:58:47 ID:HCTerlxr
刄ーってずいぶん昔からメリディアンとかのCDプレーヤーで謳ってたのに
いまやすっかりシャープの代名詞みたいになってるね

206 :202:2006/11/20(月) 22:06:33 ID:2hh2HGyb
うーん、理論上ではなく、実際のSACDPにおいて、
DSD アナログ変換の実装のノウハウ蓄積がいまいちなのか、
ある程度以上になると、アナログ変換部より後のアナログ増幅部の
性能がボトルネックになっているのか、(つまり単体DACのアナログ部のほうが高性能)
SACDを高性能に見せるためにSACDPのPCM部が手抜きされているのか、
アナログ変換部を複数つむために電源部にしわよせがきているのか、
よく分からないのさ。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 23:11:24 ID:Smbb3C30
>>194
現役の録音Eは>>153に書いてあるように44.1kHz/16bitでは不十分だと
考えてますよ。
本音で行きましょうw

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 01:54:50 ID:px14IMeK
>206
それは個体差だから。SACDでもいいのはいいし、CDPでもだめなのはだめなんだから。
フォーマットのせいにしてはいけないよ。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 01:58:16 ID:px14IMeK
>202
>SACDPをトラポとして使って外部DACを繋ぐと

これは実機では何使ってるの? iLinkなの?

210 :本音:2006/11/21(火) 18:22:37 ID:LTX/rozK
http://www8.ocn.ne.jp/~h.mosoro/omega13.htm


211 :本音:2006/11/21(火) 18:24:18 ID:LTX/rozK
http://ime.nu/www.medianetjapan.com/2/20/music_audio/blind/amp_blind_test.html

212 :156:2006/11/21(火) 19:39:15 ID:DnHbojR+
>>210
よくも今更そのコテハンぶら下げて書き込めるもんだ。
人が質問してんだからさっさと回答しろよ。自分と同じようにスレ住人が
都合よく忘れてくれてると思ったら大間違いだからな。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 00:21:19 ID:6F0hUPkJ
なんだよ、本音ってのは聴いても区別できないからCDでいいやってことか。
まあ、それならそれでいいんじゃないの?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 01:04:05 ID:BMN7Mcxb
CDの音は万人にとって不足のない音です。

ただしオーディオの世界は思い込みが激しいのです。
特定条件での個人的な体験が鮮烈に信念を植えつけてしまいます。

CDは適度な大きさを持った音の器です。録音が素晴らしくても漏れることはありません。
それよりも現状は録音のばらつきが大きすぎることが問題です。
技術者の独りよがりの糞録音が発生しないような仕組みづくりをしてほしいです。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 01:13:20 ID:6F0hUPkJ
>>214
>CDは適度な大きさを持った音の器です。録音が素晴らしくても漏れることはありません。
だからダダ漏れだって何回言われたらわかるんだろうね?
いい加減にしとけよw

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 01:21:46 ID:yEAwqZ5n
現行CDで十分って言う人も「mp3/128kbpsで十分」って言われたら反発するのかな?
もし反発するんだったら耳が悪いって言ってるってことだな。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 01:41:07 ID:SPEMj9In
音源フォーマットとしてPCM、16ビット、44.1khtzで充分だよ。
問題はメディア。
カードやフラッシュに変えるだけで読取り精度はかなり上がる。
回転させた盤面から反射光を取り出して読み取るようなサーカスドライブww
SACDもその足かせからは逃れられんよ。


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 02:22:28 ID:BMN7Mcxb
>215 オーディオの世界は思い込みが激しいのです。マニアは極端にオーディオを
神聖視しています。一種の選民思想で、客観的検証という観点を持ちません。
>216 AAC192kbpsなら十分と思います。mp3はいい加減衰退してほしい。
>217 読み取りミスはたいしたことないですがまあパソコンをトラポにするのが理想です。
一度それに慣れると、おっしゃる通り、音楽を聴く度にいちいち盤を出し入れして
回してレーザーで読み取ってというような再生が原始的なものに感じられます。

219 :212:2006/11/22(水) 05:07:27 ID:CbxdHsRK
age

220 :本音:2006/11/22(水) 09:24:10 ID:5KoIbcHn
http://startlab.co.jp/thatsit/07_02.html

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 11:10:14 ID:vt0SIeN1
16bit44.1K(Hz)で、何が不足(不十分)なのか具体的に説明して欲しい。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 11:41:00 ID:c8HLnlvo
>>220
つーか、AUファンならオーディオルーム専用に200Vから大容量トランスで100Vに
落として専用ACコンセント出してる、なんて特別なことじゃないと思うぞ。

>>221
CD−DAで不足言う香具師はたいてい脳ミソと懐具合が不足な上に耳が糞。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 11:52:44 ID:2LXez4JJ
ぶっちゃけSACDの音って明らかにCDより悪いんだが。
SA-17しか持ってないから、100万円越えるプレーヤーだともしかしたら
CDよりいいのかもしれないけど、しかし比較対象のCDPだって同程度か
それ以下の機種なんだがな、1990年頃の。

224 :221:2006/11/23(木) 13:18:14 ID:vt0SIeN1
>222
>CD−DAで不足言う香具師はたいてい脳ミソと懐具合が不足な上に耳が糞。
おーっ、なかなか強気な発言ですね。

小生、音楽関係レポーター年収約1200万、音楽大学出身だが、・・・・

>>普段何気なく聞いているCDの音がここまで良いものなのかと耳を疑うほどの、
>>きめ細やかな音質に驚かされました。CD、CD-R、DVD、DVD-Rといったデジタ
>>ルメディアには圧倒的な情報量があるのですね・・

コピペだが、実際体験すれば、本当にそのように感じたものだから聞いてみただけ
やはり、この板は思い込みだけで書かれる香具師が多いですね(笑)失礼しました。


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 14:29:01 ID:3dJgeV3Z
>小生、音楽関係レポーター年収約1200万、音楽大学出身だが、・・・・

痛い。。。。。。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 14:30:55 ID:2LXez4JJ
仮に本当だとしても個人事業者の年収1200万ってのはサラリーマンの600万と
かわらん。派遣なのに正社員より安い報酬で働いてる奴はボランティアかなにかの
奇特な人としか思えない。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 16:43:35 ID:3dJgeV3Z
>>226
いや、そういうことより2chで自分の年収や職業を云々することがすでに痛い。。。。。。。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 16:51:37 ID:V1bQr65e
>>223
SA-17から100万越えってのはいくらなんでも飛びすきだだろ。
SA-17は知らないけど、SCD-XA9000ES(35万)とmeridian 588(45万)
ではSACDのほうが良い場合が多い。
このくらいのクラスだと、併用して良い方で聴けばいいと思うけど、
音楽関係レポーター年収1200万の人だと難しいのかな?


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 17:02:32 ID:Qy9Kgzoc
SCD-777ESとDV-30Sだと、アナログ出力で聞いている限りは基本的にSACDの方がいい。
ただ、録音のよいCDと凡庸なSACDだとCDの方がよくなることもある。
外部DACを使うと微妙。

230 :228:2006/11/23(木) 17:16:47 ID:V1bQr65e
SACDのほうが良い場合が多いと書いたけど、なかには凄く良いものが
あって中級クラスを超えた音が出る。
金かければCDも良いだろうけど、ほどほどのお金で良い音がでる次世代
メディアに期待したいところ。


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 22:40:36 ID:c8HLnlvo

つーか、器の大きさがSACDやDVD−A>CDというだけであって、
器に入れる中身がアレならどっちでも変わらん罠



232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 23:00:21 ID:3dJgeV3Z
>>231
全くその通りなんだけどそれをいつまでたってもループしているのが面白いね。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 00:05:31 ID:oxhlYJVK
>>221
元・録音Eとかいう人はダイナミックレンジが不足している言ってますが...
でもちょっとアレな感じの人なので当てにならんかもね。

>>231
>>153のとおりだと思うんだけど、その場合はやっぱり不十分ということでOK?

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 10:26:01 ID:7YGc/JQ7
>>233
>>153のとおりだと思うんだけど、その場合はやっぱり不十分ということでOK?

いいや、それでも中身による。器の大きさという意味では

現行マスター≒SACDやDVD−A

でもって、SACDやDVD−A>CD。

現行マスターの器も大きいわけだが、そうだとしても「その中に入ってる中身がアレなら」同じこと、何も変らん。

現行マスターには例外なく器にふさわしい中身が入ってると信じこんでるお目出度者でつか?
SACD、DVD−A、現行マスターの器の大きさにふさわしい中身のソースが一体どれだけ存在するのかと小一時間(ry

現在の録音技術でのボトルネックは実はマイキングとミキシングプロセスだからね。


235 :元・録音E:2006/11/24(金) 12:42:45 ID:frbUkE6e
>・・・・実はマイキングとミキシングプロセスだからね。
マイキング????


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 13:54:27 ID:1pd5seIH
my king だろ

237 :元リーマソプロデューサ:2006/11/24(金) 14:33:05 ID:iA59f5B/
枚キングというのは文脈からしてマイク・関連機材の選択とセッティングのことだろう
>235 元Eだか落第E見習いだか知らないが厨丸出しのつまんね揚げ足取りはやめろ


238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 23:26:09 ID:oxhlYJVK
>>現行マスターには例外なく器にふさわしい中身が入ってると信じこんでるお目出度者でつか?
まあ、だれもそんなことは言っていないわけだが、器は大きいほうがいいと思うけどね。
少なくとも器がボトルネックになるような事態はなくなるわけだから。


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 00:55:00 ID:2WUiz/++
そりゃそうだがCDでも十分なのにさらにデータを増やす意味があるのか?
サンプリングを48kにするとかなら理解出来るが
SACDもDVD-Aもいらねーよ
だって録音技術がついてこないもの(余計なことし過ぎ)

>>234の言うとおり

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 01:03:07 ID:2WUiz/++
SACD/DVD-Aが要らないとは書いたが
録音フォーマットにPCM 16Bit/44.1kを使えと言うことではない
さすがにそれは無理がある

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 01:43:31 ID:gUA4TtnM
現実にCDよりSACD/DVD-Aの方が明らかに良いものがあるわけで、さらにデータを増やす
意味はないわけではないと思われる。

ミキシングに問題がある場合が多いなら、SACD/DVD-Aに見合うように
改善する方向で考えていくべきなんじゃないの?


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 11:43:21 ID:JiXU9xD3
SACD/DVD-Aの器の大きさを活かす一番の用途は5.1CHサラウンドだろう。
サラウンドはステレオに比べて「音楽の記録保存再現ツール」という観点での「臨場感の再現力」で
ワンランクレベルが違う。

確かに、ステレオ2chでもハイサンプリングのメリットはあるが、マイクが技術的に数十年来全く
進歩が無い(というよりそれだけ変換系は物理的に難しいということ)というのも事実。
ハイサンプリングという器の大きさを2chだけで十分享受できてる録音ソースが一体どれだけあるか
疑問だ。
例えば24bit/192kHzステレオのDVD-Aソースは一枚だけ持ってるが、他の24bit/96kHzステレオの
ソースと比べてフォーマット上の優位は感じられない。というかこのソースの場合は専ら「収録の質の問題」
に見えるんだけどね。

もしかしたら再生系の問題かも知らんが...以前、192kHz動作をカタログ保障していても「本当にちゃんとした
192kHz動作は出来てはいないはず」などと技術論評されているチップの記事を見た記憶が有る。
DSDの処理系も同じような問題がいまだにあるんじゃないか?DSDは特に伝送系の時間軸精度をクリティカルに求める
性格がある(よってアナログライクなどとも評されることが有る)らしいから、技術的にも発展途上の可能性が高い
と思ってる。

243 :242:2006/11/25(土) 11:46:36 ID:JiXU9xD3
つーか、前にもカキコしたことあるけど、それでも気になる新録音がCDとDVD-Aの
両方でリリースされたら迷わずDVD-Aの方を買うけどね。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:11:49 ID:gUA4TtnM
living stereoなど50〜60年代の録音がSACDで発売され高評価を得ていることから
して、録音技術は進歩どころか退行している部分もあるのかも知れない。知らないけど。
CDに合わせた程々のものではなく、SACD/DVD-Aの器に見合った録音が望まれるが
お金がかかるし今は難しい部分もあるのかもね。
ただ録音技術などは必要がないから進歩しなかったとも言えるわけで、今後は発展する
可能性もあるのでは?
次世代メディアも(CDと同様)発展途上の技術かもしれんが、育って欲しいと思うんだけど。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 18:41:49 ID:xg1p6JR8
技術的なことは分かりませんが、実際SACDを聴いてみて音がきめ細かく
なったかなぁ・・・という感じがするだけで、何が何でもSACDで無けれ
ばということは有りませんでした。
聴く装置がSA8400という廉価版なのかも知れません。もっと無限大的
な広大な音を期待していたのですが、LPの方が広大な感じがしてました。
今は、手軽に聴けるCDばっかり聴いています。音源が無くなったソースに
ついては、SACD(CD)の復刻版じゃなく、カセット&LPで聴いています。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 22:23:21 ID:C4tIaZ3H
その辺は録音方式の限界だよね。
そもそも2chで4次元空間を再現しようという試みが無謀なのだけど。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 22:27:28 ID:eBWHb3aj
4次元とな

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 22:47:19 ID:/9DvXzrI
人間の耳は二つしかありませんので三次元空間は2chで完全に再生できます。
後ろから音が聞こえるのも奥行きが分かるのも所詮は錯覚。
二つの耳の位置で完全に音が再現できればいいのです。

がしかし、四次元はなあ

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 23:37:31 ID:jSMr8UrU
248は後ろから来た車を錯覚だと油断して轢き殺される予感

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 23:48:57 ID:JiXU9xD3
>>248
人間の耳はね、自分の頭の微細な動きによる両耳の入力の変化を感知してるんだよ。
それで音源の前後関係も明確にセンシング。
だからこそね、2つのスピーカーでの疑似サラウンドじゃ限界ありまくりなんだよ。

結果 5.1ch等のリアルサラウンド>>>>>2ch(純ステレオでも疑似サラウンドでも)


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:19:27 ID:xT+1r3+i
>250
2chで満足してる>>248に言っても無駄だと思われ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 01:17:43 ID:b8ygGhR/
音楽もマルチchでってのは有りだと思うが
その解が5.1chだとは思わん。
ツインボーカルものを聴いたりすると
センタースピーカーの仕事って何?と思ってしまう。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 09:45:44 ID:XJem+iD+
>>249
錯覚の意味を取り違えていますね。
ま、どうでもいいか。

>>250
ヘッドフォンで立体音場は完全に再生できます。
ただし、スピーカーを多くした方が立体音場を再生することが容易になるとは思います。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 11:20:48 ID:EBFeu/zc
>>253
ヘッドホンで聴くと音が頭上に固まってしまいまともな音場なんか不可能に近いw



255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 11:31:02 ID:66LsQIS3
普通のCDそのまま聞けばそうなるだろうね

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 12:48:12 ID:nT2ICYrw
もともとオーディオで作った架空の音場に再生もへったくれもないだろw
100人のフルオケの音場がどうやって2chのスピーカーで再現できてるというんだw

257 :245:2006/11/26(日) 18:58:08 ID:jKJkz8JP
皆さん、私のカキコにより論点がずれてしまいました。
ハイスペック5.1サラウンドを聴けば、もう究極のステレオサウンドだ!・・と
思うのですが、その素晴らしい音を体験するには、頭をしっかり固定して、SP
からの距離を厳格に保たなければ得られません。
さらに、2chによるフルオケ再生も、所詮デレクターの感性により2chに音
を割り振られるわけで、ワンポイントステレオマイクから入った音をそのまま、
CDに録音しているわけではないことは、私にも理解できます。
・・・・ですので、ch毎の容量(帯域)は十二分にあることには越したことに
ありませんが、少なくとも音楽性は十分得られるように思います。


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:07:12 ID:SsRVvWki
>その素晴らしい音を体験するには、頭をしっかり固定して、SP
>からの距離を厳格に保たなければ得られません

5.1CHだろうと2CHだろうと、そこまでする必要はないよ
頭ガチガチに固定などと馬鹿馬鹿しいにもほどがある



259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:36:38 ID:MWhiEOjA
>>258
頭ガチガチの馬鹿に向かって言っても無駄ですよ

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 02:09:11 ID:T4gTloO8
アナログは無限の情報量というのは嘘。
写真をどんどん拡大すると、ぼけていくだけ。
これをデジタルで4000x4000とかに変換しても、細部を見ると
ぼけていたりする。適度にサイズを小さくすることで、一ドットごとに
充実した情報が入っているような無駄のない画像データになる。
 で、音に関しては、14bit35kHzあたりが無駄のない適度なサイズだが、
余裕を持って16bit44.1kHzくらいにしておきましょうと。めでたしめでたし。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 07:02:49 ID:g9Hef8Vz
というところから始まったのが、20数年前のお話でした。

262 :初心者:2006/11/27(月) 15:38:00 ID:RPQXrzqJ
何処かの雑誌に「CD・SACDがデジタル臭がするのは、ジッター(意味わかりません)
が原因だとか・・・」、だから「超精密なクロック発生器を搭載すれば、アナログ
にも負けない音が得られるとも・・・・」
これって、ほんとうでしょうか?

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 15:55:31 ID:DiZg2Wf4
ハムノイズと内周の音質劣化、それにホコリに悩まされるLPなんぞ
持ち出す奴が信じられん。おまけにLPは低音も出ない。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 01:05:16 ID:UvS6vmA9
>>262
釣りですか?

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 01:10:50 ID:0Raw76dG
>>263
釣りですか?

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 02:16:06 ID:rd07Kkmh
でも実際内周の音はひどいぞ。
LPではせいぜい片面23分がまともな音を維持できる限度。
片面に30分入れてるLPはもう最後の方ひどいもんだ。
まあクラシックのソナタ形式楽曲はたいてい3・4楽章がどうでもいい音楽なので
そんでもいいわけだけど。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 02:34:15 ID:7pTO51Ma
なんかまだ不毛な議論が続いているな。
前にも言ったのだが、CDにしろSACDにしろ問題になるのはDACや
それ以降のアナログ部分だ
DACに相当する機能をもつ測定器をファンクションンジェネレータという
これは商業機用のDACと違って、正確な再現をしてくれるなら
何百万、何千万のコストがかかっても構わないような代物だ。
その代わりに余計なスペックはコストダウンの為に容赦なく切り落される機器でもある。
驚くべきなのはそのファンクションジェネレータの最上位機種であっても
14bit程度の入力しか備えてないということ。
つまり、それ以上の精度の出力は現行の技術では保証できないということだ。
実験室環境でもそうなのだから、
現実的な再生環境で120dbのS/Nなんてあり得ない。
カタログスペックをいくら上げたとしても、
実際にはノイズも歪みも入りまくっている訳で、だからこそDACの音質差が出る訳だ。
トラポで何故音が変わるのかという話も
トランポのメカやデジタル部起源のノイズだって乗りまくっている
というだけのことだったりする。

CDとSACDの差も結局はそういう有象無象の部分をどういう方針で
音作りしていくかの違いにすぎない。
フォーマットとしてはCDで既に飽和している。
SACDのフォーマットなんてマーケティング的な理由で
数字的に分かりやすいカタログスペックを上げているに過ぎない。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 04:01:20 ID:l8SMvs4C
>267
もうむちゃくちゃ書いてますね。やけにならないでね。

269 :別スレの前スレの220:2006/11/28(火) 08:45:41 ID:JsbFm7/S
>>266
釣ですか?

>片面に30分入れてるLPはもう最後の方ひどいもんだ。
別スレで、片面30分以上収録されている第九一枚LPで、
終楽章のコーダでレヴェルを下げてカッティングしている(と思われる)例をうpしたことがある。

漏れの手持ちのLP(何枚あるか数えたこともない)で、
長時間カッティングで音質が落ちたと実感できるものは、この1枚くらいのものだ。

>まあクラシックのソナタ形式楽曲はたいてい3・4楽章がどうでもいい音楽なので
「運命」と言えば「ダダダダーン」しか知らない小学生、
「第九を歌おう」に参加してはじめて、合唱が始まる前に3楽章あるのを知ったおばさん、
みたいなご意見ですね。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 08:45:46 ID:vkStCHWd
>>268
どこらへんが無茶苦茶なの?
>>267読んで納得しちゃったんだけど

271 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/11/28(火) 09:01:49 ID:/mQD0N/J
>>267
コヤツは全くのトーシロだな。生意気なことをかいてけしからんな。

272 :初心者:2006/11/28(火) 12:41:29 ID:5unwTG70
益々分からなくなりました。
一体全体、1bit高速演算DACでは、ダイナミックレンジが悪いそうだし
マルチビットではジッター歪が多いし、あげくに、SACDもCDもそうたいして
変らんそうで・・、じゃ、アナログでは、と言うと、内周歪がムチャクチャ
多くて聴くに耐えないと・・・・。(昔の人は我慢していたのですねェ)

こう考えてみると、案外回転体を使わないMP−3とかメモリー媒体を使う再生
機がよろしいかと考えるのですが・・・・

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 13:32:29 ID:nmP5s5ip
SONYのMasterSoudシリーズでハーフスピードマスターというのが昔あったけど、
このレコードの内周部分は音が良かった記憶がある。(歪まないという点で)
マスタリング作業なんて一回きりなんだろうから、いつもこれくらい丁寧に
やってくれても良いのにと思った。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 18:46:16 ID:b/wcSSot
歪むというのは音が割れたりビービーいったりすることですか?
そういう意味では、うちのアナログは内周で全く歪み感は無いです。
内周は
外周ほど音がふらつかない(外周に行くほど盤の反りの影響が出やすい為)
が、線速度は外周より落ちるので情報量は外周より劣って聴こえる。

安物プレーヤーなんかで細かい調整ができない場合は
内周で歪みやすいことがあるかもしれません。
内周で音がビービー歪む場合は
内周重視でカートリッジの取り付けかたを調整してみて下さい。
又はスタイラスが汚れくると内周から音が歪みまくることもありましたね。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 19:04:13 ID:b/wcSSot
アームの種類によってもですが
外周は盤の反りが多少あるとふらつき定位が定まりにくい。

我が家のアナログは中周付近が一番良い音で鳴りますょ。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 19:25:34 ID:+oDx/VFm
>>272
アナログはたしかに最内周が苦しい盤もあるけど、聴くに耐えないということはないでしょ。
内周で音が歪むとかそこまでヒドイのは、聴き込まれて盤が痛んでるだよ。




277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 20:18:08 ID:48dYxDSX
いや、俺は単に盤面をきれいにしないでトレースして
内周ではホコリ軍団に針がまとわりつかれているだけだと思うな(w

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 20:18:41 ID:Zm+qXKxn
そういうことがイヤなんだよ。
さんざんレコードで厭な思いをしてきたんでね。

友&愛のレンタル落ちとか。
金なかったし。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 20:42:35 ID:48dYxDSX
>>278
普通、そういう話はノスタルジーをもって語られるものなのに、
なんだかルサンチマンをもって語られているね。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 00:21:32 ID:mEgoemrk
>>272
>マルチビットではジッター歪が多いし

ジッターの影響を受け易いのは1bitのほうなんだが.

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 06:07:08 ID:pk5uTN4s
ジッターなんて電圧や電流で数百ppmの精度を出すことが大変なのに
比較すれば、ちょっと頑張るだけですぐに数ppmの精度が出る。
高精度の水晶から果ては原子時計まで極限まで精度を出すことのできる
製品を作りやすいから売り文句に使っているだけだろ。


282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 08:52:35 ID:UvkOyqRd
12cmCDよりも8cmCDのほうが音がいいとエガワ氏が言っていたが、実際に
聞き比べたら確かにそのとおりだった。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 14:00:01 ID:WdEBgNx2
んなこたーねーよ
12cmのが良い

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 14:24:20 ID:RR2iFB1q
どっちも同じだってw

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 20:06:32 ID:YTpUDERq
低脳な会話だなぁ・・・・・。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 12:53:28 ID:rKT4mHjO
音響無頓着派は、携帯音楽(i−Pod等)で十分
普通の音楽ファンは、CD&FM放送によるミニコン再生で十分
チョットこだわりの有る音楽ファンは、CD&次世代CDによる
               ハイクラスオーディオで、十分
装置至上主義は、DAT&次世代CDによるハイエンドオーディオ
                    でなければ納得しない。



287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 16:34:10 ID:Wqi5Vm6t
>>278
俺もシュアの安物カートと598タンテで聞いていた時は
LP割りたいほど内周歪みに泣かされたが
そこそこ定評の在るものに替えたらウソのように気にならなくなった。
例えレンタル上がりの傷だらけ、ホコリだらけの盤でもね。

アナログを極めてからモノを言えみたいな偉そうなことは言えないけど、
内周歪の問題さえ現実的なレベルで対処できなかった人がアナログを語ってもねえ。


288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 12:31:22 ID:XKK8SIgW
スタントンのカートとBSRのタンテでも気にならなかった。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 12:45:23 ID:zS/JfNW3
CDは何を聞いてもスッキリくっきりハッキリでおしまいに感じる。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 22:34:52 ID:7rbyczBm
268 名前: 262 [sage] 投稿日: 2006/12/10(日) 19:12:00 ID:Bf0+8gFl
あんまり書くと個人特定されるけど
あえてリスクをとって言うけど
・日本良くも悪くも特殊な市場だと聞いた(明言はしてなかったけど)
・独自開発したチップは向こうでは出せても日本には来てない

あとは自分が知っている知識とかみ合わせて書くと
--洋楽邦楽問わず、日本プレスと海外プレスと音質変えて、
--出さなければならないほど特殊。
--(各国プレス版でもあんなに変化して無い。工場の違い程度に収まっている)

↑よって日本のリスナーは耳が特殊すぎるし
(元々日本古来の音楽なんて元々は外来。和音・和声も知らない)
もしかしたら、音楽を聴く耳の人が少ないかもしれない。
ネットがあるからこの違いは、今後深刻な事態を招くと思うね
(つまり音楽と言う共通言語からは、日本は除外されているのかもしけない)

確かに品質が悪い事があるが、それは一般化できないし
向こうにも書いたそんなのはほとんど無いよ。
下手したら、日本のメーカーの方がはずれが大きい。
(「生産の神様」「我が工場の主」と言われる人たちを、首にしちゃったからね)
また、サウンドカードは国内外問わずメーカーも手を抜いているよ。
だからSBが支持されるんだよ。(64GOLDが伝説としてあるからね)

追伸、ナップスターは日本プレスゴミ音源ばかりだったよ。
エンヤなんてノイズだらけヒデェ・・・・・
ナップスタージャパンを逆さ吊りにしてシバキたい

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 11:01:26 ID:s3kPOOo3
俺にはCDで十分

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:41:24 ID:/Blr8Jdj
気が付いたらCDが約6000枚・・・LP時代は約1000枚ありゃ充分だと
思っていたのに、ソフトの数が多過ぎる!
クラ中心に聴いているが、未聴CDは一度だけ聴いて、今後聴く機会がない物
は中古ショップにドンドン処分するが、一向に減らない。次世代CDも音は良い
らしいが、当方では聴く側の耳が劣化しているので、素晴らしさが体験できない

今は、出来るだけCDを処分して、死ぬまで繰り返し聴けるCDに集約するつもり。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:49:09 ID:YyuRi1bo
>>292
6千枚程度
一生かけたら死ぬまで繰り返し聴けるだろ
老後は毎日十時間音楽鑑賞してるのかも知れないぞ
とっとけ

294 :292:2006/12/31(日) 18:56:12 ID:EV6JfnL0
>293
助言サンキューです。
LP時代、シベリウスのピアノ作品すら稀少盤もしくは珍盤と言われ
なかなか手に入れることが出来なかったのに、CD時代になってから
は、レギュラー盤として手に入れることが出来る。
この状態が次世代CDにも当てはまる時代は来るのでしょうか?
もし来ないのなら、現行CDで十分だと考える。フォーマットの貧弱
さを考慮しても・・・・。

即日、おそらくCDでないとリリースされないであろうフィンジのク
ラリネット協奏曲他が廉価盤で売っていた。(NAXOS 8.553566)収録
作品の14番目「ヴァイオリン・ソロと小管弦楽のための入祭唱ヘ長調」
を聴いていると、16bitじゃ欠落だらけ、だとか44.1では高域不足だ
とかなど、外野の雑音など如何でもいいように感じる。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 20:28:08 ID:AetBhPDP
>>294
おとなのオーディオですね

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 22:02:52 ID:sAICsywH
>294
この人は私は通である、って自慢したいのかな? コレクタ自慢?

297 :294:2006/12/31(日) 22:54:31 ID:EV6JfnL0
>296
>この人は私は通である、って自慢したいのかな? コレクタ自慢?
通人ぶると言うのは、如何いう事を指していっておられるのか不明だが、
コレクター自慢を指して言ってられるのなら、お門違いと思います。

自分が求める音楽を探しているうちに6000枚程度になっただけ。
カーマニア・ハイエンド・オーディオを趣味としている方から見れば
自慢できるものでは有りませんし、枚数だけを自慢したいならレコ芸
かオーディオ雑誌に投稿しますよ。(笑)



298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 16:39:30 ID:FIY0UVv+
>16bitじゃ欠落だらけ、だとか44.1では高域不足だ
>とかなど、外野の雑音など如何でもいいように感じる。
録音の悪さをCDフォーマットのせいにしないでくれ。

CDフォーマットすらまともに使いこなせない現状では、
それ以上の規格を作ったって音質が向上するわけがない。

299 :294:2007/01/03(水) 18:30:57 ID:DLZo/Gx2
>298
>録音の悪さをCDフォーマットのせいにしないでくれ。

まったくそのとおり、今まで聴いた中でフォーマットの限界だと感じたソフト
は無かったと記憶している。
耳の良い、もしくはライブ演奏を頻繁に聴かれる方で、次世代じゃないと音楽
になっていないと不満を語られる方がおりますが、私は、何ら不満は御座いま
せん。(喩え、そりゃお前の耳が劣化していると言われても構いません)


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 19:48:36 ID:ER6qRl9k
時代遅れも甚だしい円盤回転読み取りを
中枢権力の人間が次世代規格にも無理やり採用させるこんな世の中じゃ

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 19:53:38 ID:W9CWmejE
>>299
そういう人はそれで良いと思うんだけど、なんであなたはずっとしつこく
同じことを言い続けてるわけ?
どんな理由があるのか、そっちに興味があるんだけど。

302 :299:2007/01/03(水) 23:09:02 ID:DLZo/Gx2
>301
別にしつこく言っている訳では有りませんが・・・もし、そのように感じたのなら
謝ります。
また、理由も有りません。LP時代のように、演奏中、物音を立てないように、注
意して聴く必要も無いし、次世代CDのように欲しい音楽家の作品が未だ作られな
いことを考慮すると、現行CDで十分じゃ・・・と思っただけです。他意はありま
せん。

そうそう・・・人間の聴覚は機能が低下しても、長年の鍛錬の結果ロースペックと
ハイスペックの違いは感じるそうです。また、音程を違えて演奏してもその違いも
判るそうです。
しかし、私のような凡人には判りません。だからそこそこの音源で十分だと申し上
げているのかも知れません。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:22:36 ID:W9CWmejE
>>302
特別な理由もなしに同じことを書き続けているのですか。
少し驚きですね。

それから、あなたの個人的事情については他人にとって興味ありません。
もうこれ以上同じことを繰り返す必要はありませんよ。
全くの無意味だと思いませんか?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 02:21:55 ID:KD3/93tY
>>303
まあ率直に言って貴方の発言のほうが驚きですね。
どんな心理ないし理由に基づく発言なのか…。
「全くの無意味」という形容は302さんの一連の発言にではなく
301や303にこそ(そして304にも)当てはまります。


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 02:48:32 ID:fTLaaC8g
>304
論理的に考えれば「聴きたい作品が新規格で出ない」は現行CDで十分
という理由にはならないですよね。
「耳が悪いから違いがわからない」が理由なわけです。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 03:26:30 ID:0GVMex1k
あのね、私はポータブルCDPをプリアンプのライン入力に入れたり、同じくポータブルの
デジタルアウトをWadia DACにつないだりしてCDを聴いております。また、アナログの方は
平均以上の装置を使っていると自負しております。あ、アンプもSPも平均以上。
んで、現行CDで十分だとマジに思ってますよ。だって確かに聴いていて楽しいもん。
アナログとの差はほとんど感じないし。SACDは聴いたことないけど、あれってメジャーに
なれるの?音質差が決定的ならオーディオオタはさっさと乗り換えると思うんだけど
そんな話もそれほど聞こえてこないし。CDは要は使いこなしでなんとかなるんじゃないかと
思うんだけど、そこんとこ皆さんどう思ってますか?

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 03:57:31 ID:fTLaaC8g
>306
あなたがどんなにいい装置で上手にCDを聴いていようが関係なしに
ピュアオーディオ的に(w)いうならSACDのほうがはっきり音がいいですね。
だから現行CDは全然十分じゃない。聴いたことなしで十分っていえる神経に驚き。


308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 04:41:16 ID:0GVMex1k
>>307
んじゃ、普及価格帯の安価なSACDプレーヤーで聴くSACDの方がバカ高いCDPで聴く
CDよりも音が良いのね?

私が十分と云っているのはアナログと比べてもそれほどダメなわけじゃないと思うからで
聴いたこともないSACDと比較してるわけじゃありませんからそんなに驚かないでね。
それにメディアの持つ情報量の差と再生装置の音質差とは別次元の問題でしょう。
まあ、たしかに聴きもせんとSACDに言及したのはいかんかったかもしれんが。

むしろ貴方の読解力のなさに驚き。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 04:46:42 ID:fTLaaC8g
>>308
> >>307
> んじゃ、普及価格帯の安価なSACDプレーヤーで聴くSACDの方がバカ高いCDPで聴く
> CDよりも音が良いのね?

そんなこと書いてないでしょ。どう読めばそうなるの?
容れ物の大きさが違うから音が全然違うんですよ。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 04:57:09 ID:YwrRonkn
確かにSACDのほうがいいのは間違いないんだが、
すでに大量のCD持ってるからな…
しかも普及する気配もないとなると、CDで十分と思ったほうが幸せだ。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 05:07:32 ID:fTLaaC8g
>310
それはそうなんですよ。魅力的なSACDが余りない(泣
CDの資産は部屋からあふれるほど(まそれは冗談だが5000枚くらい)ある
だからといって現行CDで十分、っていうことにはならないですよね。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 21:15:09 ID:7K0A5VZz
>>309
>容れ物の大きさが違うから音が全然違うんですよ。
確かにスペック上、SACDのほうが高音質なのは間違いないが、
人間のごときの器でその音の違いを聞き分けられるかは別問題。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 21:56:28 ID:Ocupwju8
訂正
>人間のごときの器でその音の違いを聞き分けられるかは別問題。
312がその音の違いを聞き分けられるかは別問題。 というか、無理。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 22:14:49 ID:R08Ybp/c
そういう人はそれで良いと思うんだけど、
なんでわざわざ現行CDで十分と言うスレに来て
しつこく現行CDは全然十分じゃないと言い続けてるわけ?
どんな理由があるのか、そっちに興味があるんだけど。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 22:25:26 ID:Ocupwju8
やっぱりからかいに来てるんではww

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 23:47:56 ID:fTLaaC8g
そうそう。耳の悪いのを告白するスレだから

317 :302:2007/01/05(金) 22:03:16 ID:uxGH9b1T
>301・303・304・307・311?
すべて同一人物だと思うわれますが、尻すぼみのSACDを擁護する態度に
心を打たれました・・・笑
(SACDを貶されると、よほど神経を逆撫でされるのでしょうか、必死で
す。)

私は、SA−14もラインに組み入れてますが、出番が少ないです。(マジで)
理由を考えてみると、リリースされるソフトが、圧倒的に少ないと言うことに
落ち着きます。
SACDは、音が良いのに買いたいソフトが無い!私は音楽ソフトのスペックを
買うのでは有りません。録音された「音楽」を買うのです。
だから、CD−DAでも「聴きたい」ソフトがリリースされれば、購入します。
SACD化されるまで待つようなことはしません。このようなオーディオファイル
も居ることを理解出来ない貴殿こそ、どんな理由があるのか興味があります。






318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 22:15:30 ID:HquUwCHs
誰か、モツSQ15番の、録音演奏共にいいやつを教えてくれ。
5枚持っているがどれも満足できない。
CDでもSACDでもいいぞ。SACDは無いか。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 00:08:49 ID:5OOsrB46
とりあえず持ってるものを晒せ

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 00:17:36 ID:E+bE36ZX
>>317
> SACD化されるまで待つようなことはしません。このようなオーディオファイル
> も居ることを理解出来ない貴殿こそ、どんな理由があるのか興味があります。

なんで理解できないと思うんでしょ。読解力ないとか。あなたのような
耳の悪い人がいることは十分理解できますよ。
耳だけじゃなくて思考にも弱いところがありますね

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 00:20:58 ID:FteeEoGw
>317
あなたは名無しや"本音"、"元録音E"だのの名前でいろいろ必死で書き込んで
いるようですが、どうやら釣りが趣味のようですね・・(笑)

>SACDは、音が良いのに買いたいソフトが無い!私は音楽ソフトのスペックを
>買うのでは有りません。録音された「音楽」を買うのです。
>だから、CD−DAでも「聴きたい」ソフトがリリースされれば、購入します。
>SACD化されるまで待つようなことはしません。このようなオーディオファイル
>も居ることを理解出来ない貴殿こそ、どんな理由があるのか興味があります。

これも釣りなんでしょうか? 
SACD以外は買わないとか、理解できないとかなんて書き込みは無かったような気が・・・
また、その主張には全く同意しますが、その主張と現行CDで十分だという話がどう結び
つくのか、よくわかりません。 笑
逆に、我慢してますというニュアンスが伝わってくるのですけど 笑


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:41:01 ID:O+BrK2wm
CDの規格はいい加減古い。でもデジタルの規格でこれだけ長い
こともってるってのはある意味すごいよな。CDより音質的に
不利な規格の方がもてはやされる時代だからCDでも十分なのかもね。
もっといい音のものは幾らでも作れるはずだけど
ニーズが無いからできないよな。w


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:43:20 ID:O+BrK2wm
音を追求するならCDに見切りつけてアナログやってんだろね。
アナログプレーヤーやらチューブのアンプやら活気がある。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:35:32 ID:9LqMcEu9
SACD厨みたいなのがいて、いやなんだけど。なんでここに粘着してるの?
とても感じ悪くてすぐからんでくるから楽しいお話ができないじゃないの。
SACD聴いて幸せならばそれなりに別のスレに逝ってくれんかのお。
ここは、現行CDで十分と言うスレなんだよ。判ってるか?

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 09:38:18 ID:+0DdygDf
DSDも10年前の技術だろ。
高次ノイズシェーピングで無理やり稼いだDレンジ。
果たして現時点における最良の手法なのか?

いまさら普及させたいとは思わんが。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:39:22 ID:BLLbdVLe
普通に聴いたらSACDのほうが断然音がいいのに現行CDごときでいいの?

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 19:55:09 ID:dtbjVN13
>326
>普通に聴いたらSACDのほうが断然音がいいのに現行CDごときでいいの?

またぞろSACD厨房が登場してきた。
それだけSACDにご執心なら、己だけが数少ないSACDを聴いていれば
良いのとちゃうか?・・・・此処は現行CDで十分と思っているサイトやけん
耳おばけが来るとことちゃうけん!シッシッ・・・!!!!


328 :318:2007/01/08(月) 21:39:32 ID:Xhgx5bB6
>319 とりあえず持ってるものを晒せ

スレ違いネタで、書いたこと忘れてた。。。
手持ちモツSQ15番
アルバンベルクSQ(EMI1987)
アルバンベルクSQ(TERDEG1977)
スメタナSQ(MS)
ウィーンコンツェルトハウスSQ(westminister)
ウィーンSQ(CAMERATA)
ハーゲンSQ(DG)

演奏はアルバンベルグEMIだが録音がイマイチ、ハーゲンはその逆(好みよりスロー)。
両方気に入る愛聴盤が欲しい。
今狙っているのは、ジュリアードSQと古楽器のクイケンSQ、モザイクSQあたり。
クイケンどうかなぁ。ハイドンは良かったが。

SACDのハイドンセットあるんけ?ショップで見ても室内楽のSACDちょびっとしかない。
山口百恵とかあるのに。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 22:04:20 ID:Tprw9eUL
>>328
私はジュリアードが好きです(新旧両方とも)。
イタリア四重奏団もよさげだが未聴。・・・以上スレ違いでした。

私は普通のCDで満足しています。しかし、DACを追加するまではアナログ
の方が良いと思っていました。確かに普通のCDには十分な音が入っている
のだと思います。
どうして、CDではその再生にお金がかかるのか、また、SACDでは良質なDA
変換が安価にできるのかが不思議です。
メーカーはSACD普及を進めるために、技術を出し渋っているのでしょうか?

もう一つ驚いたことは、iPodで聴くCDの音がデジタル臭くなかったことです。
ここら辺にも何か秘密があるのでしょうか?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 12:34:02 ID:62vne+sG
>329
>どうして、CDではその再生にお金がかかるのか、また、SACDでは良質なDA
>変換が安価にできるのかが不思議です。

これは、多分、もしかしたら、デジOUTする必要のない(現時点では出来ない)
ソフト・システムだからじゃないでしょうか。

102 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)