2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自作刃物総合スレ 05

504 ::2006/03/19(日) 21:48:24 ID:ifspmbEo
>>497 マジレスすると
「たたら製鉄」の鉄を玉鋼と言うなら問題はありませんし、
日刀保の玉鋼にも「卸用」とされる
鋼になっていない部分や、蜂の巣状になった玉鋼があり、
小割りにして卸し、鋼にしてから使います。
卸し金は基本的な技術なので
和鉄を卸した物は玉鋼と言っても良いでしょう。
あと、砂鉄卸し(小たたら)は時間がかかりすぎるため
テレビの1シーンに使うのは適さないのでしょう。
通常の卸し金は、1K〜1,5Kで一時間弱、
砂鉄で一昼夜かかります。

>>500
まず、芯鉄が柔らかいのは同じです。焼きが入らない甘い鉄を使います。
皮鉄、刃鉄の違いについては、簡単に言えば鍛錬の数でしょうか。
刃鉄は良い鋼を使いしっかりと鍛錬をした鉄を使いますが、
皮鉄は若干鍛錬が少なかったりします。
鍛えれば強くなると言われる玉鋼なので、
一番重要な刃はしっかり鍛錬した物をつかいます。
棟鉄は詳しくはしりませんが、あまり硬い必要は無いと思います。

しかしそれは玉鋼の場合なので、普通のナイフメーキングとなると難しいです。
刃は炭素量の多い鋼を使って、皮はそこそこ焼きが入る鋼にすれば良いのかもしれませんが、
物が違うのでなんとも言えません。

286 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)