2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【西涼】 董卓 【猛将】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 14:02:34 ID:Dki/eEXM0
 董卓(生年不詳 - 初平3年(192年)4月23日)は東漢末期の武将。字は仲穎。董紹の子で、兄に董擢、弟
に董旻がいる。子の名は不明。隴西郡臨洮県の出身。若い頃より武芸に優れ、性は豪胆にして快活。軍人
となり、異民族の戦いなどで功を立て、勢力も拡大。霊帝没後、洛陽に入って献帝を擁立し、朝廷で権勢を
ほしいままにする。長安に移った後も専横を続けたが、養子の呂布に殺された。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 19:44:37 ID:6ZnMCvuYO
異民族の血を引いていたとか聞いたけど本当のところはどうなんだろう?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 19:48:47 ID:AGK+BCTy0
隴西の出身なら異民族の血は多少なり引くだろう。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 20:01:51 ID:BzzoZsPk0
童貞に見えたのは俺だけじゃない

5 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/12/31(日) 20:07:49 ID:AGK+BCTy0
>>1を見て基本的なことを考える。

呂布が養子だったらどこか記録に「董布」という語句があっても良さそうなもんだが。
ググっても日本語のページは出てこない。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 21:51:49 ID:VkC9ed+80
>>2
秦ですら異民族。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 04:00:13 ID:3WnQHvm2O
三戦で立てろや

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 12:10:24 ID:MNh/yLG20
>>7
却下。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 15:47:35 ID:BsG5OiwH0
ちょっと実際以上に悪く言われているところがあるね、この人は。
多少はまじめに政治をやろうとしていたふしもあったようだし。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 00:05:07 ID:i8y5QgF+0
相国って、今までに誰が成ったんですか?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 01:13:57 ID:6Arslhlg0
しょーかだけ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 01:40:30 ID:sQgCPkgF0
悪事っていうけど遷都は曹操が献帝を許に移してるし皇帝の廃立なんかその後勝手に皇帝を僭称した奴等に比べればマシだし
陵墓暴きも専門の職を作った魏には劣るし
貨幣の偽造も経済の混乱をとめようとする政治だし
三国志の英雄なら誰でもやってることばっかなんだよな
トウタクに限ったことじゃないけど敗北者は実像異常に悪くかかれるからな

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 03:45:29 ID:8usyoPeH0
陽城の件は擁護できん

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 11:34:15 ID:v6mzOWGL0
改革が急過ぎたよな。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:16:38 ID:iuuVYtjl0
ブレーンにしようとしてた清流派の連中にそっぽ向かれて
結局裏切られたって感じだね。この人。

まあ、清流派の連中にしても、辺境上がりの野蛮な軍人に
頭下げたくなかったんだろうけど。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:20:10 ID:O8SaJtfJ0
>>10
相国についたのは、蕭何と曹参という建国の大功臣だけだったので、
それ以降、漢代を通じてみんな遠慮していた。永久欠番のような存在になっていた。
それを董卓はやっちゃったわけ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:25:57 ID:chzumGqP0
曹操を戦国大名に喩えると織田信長っていうのがよく聞くが
曹操より董卓のが信長に近い気がする
曹操は家康っぽいような

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:28:46 ID:vx7wTb160
松永久秀の方が近くないかな。

東大寺への放火とか、将軍暗殺、どうも実際以上に悪く貶められているあたりとか。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 01:10:06 ID:7WTiivPdO
家康が曹操ってw
司馬一族系だろ、家康のやり口は。


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 13:45:25 ID:7BnuuoTj0
董卓 = 松永久秀
曹操 = 織田信長(+豊臣秀吉?)
劉備 = ?
孫権 = 伊達政宗?
司馬懿 = 徳川家康


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 18:41:45 ID:ZpCwVxlz0
まあこういっちゃなんだが
所詮、戦上手なお山の大将でしかなかったような。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 20:20:40 ID:N0l9qyHa0
むしろ木曽義仲

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 23:41:57 ID:4eCPVGmN0
>>21
でも黄巾賊討伐には失敗しているよね。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 13:33:29 ID:r2t43b9l0
機知に富み、士卒の気持ちがわかる親分肌の人間であったらしい。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 13:59:55 ID:5v0z+TDa0
士卒の気持ちがわかったからこそ
涼州兵を野放しにして於いたんでしょ?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 14:33:23 ID:kUQs2Tdn0
客観的に見ても、野蛮だった面は否定できんな。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:11:06 ID:17GBGVst0
よく悪の董卓に対して、殺された執金吾の丁原が善人化されるけど、
董卓の涼州兵が、西方の異民族を引き入れていたなら、
丁原も北方の異民族を引き入れていたわけで、普通に略奪もやっているね。
呂布からしてあれだし。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 22:57:49 ID:NQQ4Olx/0
>>19-20
・・・まぁ、三戦から流れた人も多いからな
所詮こんなレベルのやつしかいないか

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 23:55:05 ID:tbK0B4hv0
>>27
もし丁原が、董卓を殺す側だったら、
丁原が暴政を敷いた三国志の悪役になったかもね。
羌が匈奴に代わるだけで。



30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 02:13:12 ID:qlgOQugU0
面倒見がよくて、羌族や配下の士卒から人望があったってことは、
かなり「侠」の精神を兼ね備えた人だったんだろうな。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 13:45:35 ID:gJ/WKUBy0
>>27
事実、丁原は何進暗殺のドサクサで孟津を焼き払って略奪してたらしいよ
あれ?てことは一連の混乱の原因作ったのは丁原?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:43:32 ID:oC9Op4Pf0
演義とかじゃ、悪の巨魁董卓に立ち向かう正義の執行者みたいな感じで描かれているのにね、丁原。
>>29のような場合だったら、董卓が悲劇のヒーロー、善人になっていたかもね。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 10:37:40 ID:cyd7BHX0O
結局、軍閥の主導権争いだったわけだ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:36:28 ID:DXfOL84EO
この人自ら皇帝になるつもりだったのか、それとも漢朝を復興させようとしていたのかどっちなんだろ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 01:48:20 ID:YzDiO1970
愚帝を廃したしな

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 15:22:40 ID:4+a9Ykwc0
少なくとも最初の方は、まじめに政治をやろうとしていた節がある。
でも、清流派の人士は、董卓を野蛮人と見下して従わなかった。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)