2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

項梁が生きてる状態で劉邦軍団と戦ったらどうなる?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 09:23:11 ID:1LmK70/R0
項梁が戦で死なずそのまま生きてる状態で劉邦軍団と戦ったらどっち
が勝っていたか予想するスレです


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 09:27:03 ID:1LmK70/R0
正直コウリョウが生きてたらかなりいい勝負になってたと思う

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 11:26:17 ID:PG3Y+hF80
項梁が生きてたら劉邦は天下獲りの大義名分が立たなかったのでは
楚王殺しも無かっただろうし

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 12:02:48 ID:VYA4XmyqO
項梁が生きていたら、項羽は皇帝になってたと思う。


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 13:04:49 ID:1LmK70/R0
楚王は項羽ガ暴走してころしてしまったという設定です。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 13:15:29 ID:1LmK70/R0
勝負の分かれ目はコウリョウと項羽を離反できるか、できないかで決まる
ような気がする

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 13:19:49 ID:VYA4XmyqO
それは難しい、項梁は項羽を立てる人間だから。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 13:21:21 ID:13ljAmuxO
お前の脳内設定持ち出されて萎えた


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 13:51:05 ID:l8pwbsZE0
ていうか、項羽のえこひいきのすぎる人事がなくなるから、そもそも中華帝国は消えてなくなったんじゃないか?
項梁に始皇帝のような帝国を建設するつもりがあったかどうか分からないし

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 14:28:01 ID:rwGDJeaP0
>>7
立てないだろ、項梁が立てたのは楚王。
自ら王朝を創始する意図があったかすら疑問。
宋義に諌められ云々とあるあたり意外と人望を失いつつあったのかもしれない。
むしろ楚王あたりが絡んで野心の塊である甥っ子に殺され、
さらに甥っ子は懲りずに西楚の覇王を称し、
項梁が定陶で戦死しなくても同じ結果になったりしてな。

だが劉邦が戦功を得たのは楚王のおかげな気もするし、
そうなると項梁が生きてたら劉邦は未知数なわけで…
わけわかんなくなってきた('A`)

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 16:45:42 ID:LenN4LRJO
項梁には実子がいたようには見えないので、項羽を後継者に考えてたのは確かだろね。

ただ、項梁が秦を滅ぼしたとして、懐王心に権力が集中しないような分権的制度になる可能性が高いと思う。

そうなると、懐王−旧楚遺臣の宮中ラインとの対立も表面化しそうだし、劉邦にも密勅がくるかも知れないが、劉邦が対秦戦でそれなりに活躍して封土を持ってないと出番がなくなるね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 18:49:14 ID:jocuZiih0
PHP文庫の「蕭何」では項梁の殺害には
項羽の認可を得て笵増が実行に関わったとも言われてたぞ。
勿論、項羽が軍のナンバーワンになりたいとの野心からね。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 19:48:16 ID:9/saJRoK0
もし本当だったら笵増は人を見る目ないな、この時点で三流軍師だな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 19:53:14 ID:jocuZiih0
蕭何目線では、兵站を軽視する時点で笵増は三流軍師だと見切ってたそうな。
まあ、まさにその通りだったんだけどね。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 10:29:47 ID:T7Bm5wH10
この君主にしてこの軍師あり、ってとこ?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 16:00:15 ID:2OaCU6tUO
軍師って言っても、得手不得手がある。
戦略を得意としたり、戦術を得意としたり。
張良や韓信だって両方備わっていたわけではない。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 22:56:30 ID:rZrj24N/O
あんまり項梁の人格とかを詳しく知らないんだけど、いい人だったんだろうか?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 01:18:21 ID:i4rB+QZJ0
よくわからんね。
抗秦勢力をまとめあげ、死に様も陳勝呉広のように無様とは言えない。
実績だけみれば美化こそされ、悪く言われる所以は無いね。
しかし細かいこと言えば、失敗した部下を苛烈に処分したり、宋義みたく離れてくヤツがいたりと、
人間性に関しては項羽と大して変わんないんじゃなかったかとも思える。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 01:43:02 ID:4WCFAdl00
人頃して逃亡生活送ってたんだっけ?
なんか知的なアウトローって印象だな

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 09:35:52 ID:A6x4nj+t0
>>18
項羽と違っていたのは建前上は義を重んじていたところか
ただ戦死していなければ当然権力はさらに大きくなっていただろうから
その時どうなっていたかは誰にも分からない

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 06:49:17 ID:X44efjO60
統一しても楚の王族を立てて自分は皇帝にはならなかったんじゃないかな

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 09:56:33 ID:+HmZmsgeO
秦末の時代はまだ儒家が主流になってないので、後の王莽みたいな簒奪方法は難しいだろうね。

当時の前例には斉の田氏の例があるが、何代もかけて最終的に周王室のお墨付きで正当化されてるから同様には出来ないだろうしね。

案外、懐王心が東周の王のようになって、戦国時代に近い感じになる可能性もあったかもね。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 17:56:48 ID:zoAucpa8O
そもそも当時の情勢で皇帝になろうなんて考えては無かっただろう
項一族みたいな名門だと、主家乗っ取った上で覇者になるってのが妥当なラインでは?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 23:26:11 ID:+HmZmsgeO
楚の復興をスローガンにしてたから、始皇帝が創った皇帝号を使うことはなさそうだね。
逆に、劉邦は項羽が名乗った覇王号は統一後に使えんやったろうしね。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 01:56:53 ID:HSHYRbWS0
「覇王」って王号は劉邦側の人物(張良?)が項羽の名声を落とすために名乗ることを勧めたんだっけ?
それを見抜いた部下(范増?)が「覇とはあくまで王の臣下です。その字を王の上につけるのはおかしい」
と言って諫めたが、当の項羽がこの名を気に入ってしまい結局聞き入れられなかったと。

まあ現代では「覇王」はもう普通名詞になっちゃったけどな。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)