2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【商周】宮城谷昌光について語ろう【春秋戦国】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 17:51:36 ID:dlX+ugJ40
主に「太公望」「重耳」「楽毅」などの秦漢以前の古代中国を舞台とする小説を描く
氏の作品について語りましょう。
ついでに現在「三国志」を執筆中です。

【一般書籍板スレ】
宮城谷昌光ってどうっすか?4〜黄河編
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1160667178/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 18:11:26 ID:dlX+ugJ40
2げっと

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 21:18:37 ID:9Oac7D+KO
宮城谷昌光がいなければ、今の俺は存在しなかった。
ありがとう、宮城谷先生。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:07:27 ID:qwdbUMOG0
いつか誰かが立ててくれると思ってた

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 01:10:35 ID:PRZ5XQwNO
俺個人としては天空の舟が一番好きかな
想像もつかないような夏から商へ変わりゆく時代を
まばらな書物から拾いあげた逸話と想像力で描いた歴史叙事詩
まさに名著だと思う

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 01:46:06 ID:9bqwgc6N0
なんとなく宰相(及び宰相経験者)が主役の作品が多い印象があるな

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 09:10:20 ID:JiCB6kCQO
宮城谷の影響で老荘思想にめざめました

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 09:33:24 ID:+2A7jxos0
「王家の風日」ちょうど読んでます
タイトルは「おうけのふうじつ」と読めばいいの?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 18:16:28 ID:K4niwXe9O
>>8
それでいいんじゃない。

大辞泉と漢語林で「風日」を調べたけど、載ってなかったね。

出典と意味がちょっと気になるね。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:44:21 ID:W5aOHLDi0
なんかこの人の作品、
主人公の幼馴染が長じるにつれて性格が悪くなる印象がある。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 01:13:27 ID:AYkOeapjO
あと寝取られも多い気がする

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 06:01:52 ID:vCPvvqnT0
主人公の妻が、実は名家の出身っていうのも多い気がする

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 06:24:57 ID:W9Gq0aSJ0
主人公に部下の結婚の仲立ちをさせて、しかも失敗させるの好きだよね

14 :名無しさん@お腹いっぱい :2006/11/29(水) 23:43:15 ID:P+ulz3G80
>>13
士会とその末裔(?)の范雎はそうでもないような。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 11:42:30 ID:F5kmsJ9R0
>>10
違うな
主人公の幼なじみは宮城谷流の主人公補正によって良い性格になる
それが元に戻るだけ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:17:08 ID:YEyH1NkJ0
幼馴染じゃないが、鄭安平は不可解だったな。せっかく友情をねっとり描いたんだから
悪人化の過程にも、もう少し筆を割かなきゃしょうがないと思うんだが

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:49:51 ID:uBNBzU790
鄭安平はべつに悪人化してないのでは?
悪化する戦況の中で健闘しつつ重囲に陥って降っただけだし

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 19:03:21 ID:YEyH1NkJ0
名前はなんだったか、弟子が富貴は共にできないとはこのことだとかなんとか、批判してなかったっけ?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 08:40:12 ID:WU/Z9td6O
>>8
発行年月日とか書いてある後ろの方のページに読み方書いてあるよ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 17:27:45 ID:L7D5MwfK0
なんとなく重複スレっぽいが宮城谷先生好きだから許す。
俺は子産が一番好きだ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 09:53:59 ID:U+3qluoA0
晏子いまいち、前編のオヤジの話のほうが面白かった

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 08:51:38 ID:dlsdytnz0
>>21
重耳モナー
こっちは爺さんの方だけど

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 10:25:46 ID:ZYPAmlT50
「晏子」は前半の方が一般ウケするのは確かだろうけど、再読以降は
後半の方が断然に面白く感じる
史料の晏弱は会同の後に捕らえられて釈放された事と、來を滅ぼした事しか
残ってないため、晏嬰よりも自由にかっこよく書けるわけで

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 17:23:45 ID:xc8yYdr70
>>23
同意。
何度か読むと味が出てくる作品だよね。
晏弱の「陽」と晏嬰の「陰」が作品の中でうまい具合にマッチしてる。
だからこそ小説板のランキングでも「晏子」がトップだったんだと思う。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 22:34:40 ID:D9rvARgD0
そうか、しばらくしたら再読してみるわ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 16:04:06 ID:B7aaxmcoO
自分的に宮城谷で初心者にお勧めの本は楽毅と天空の舟と孟夏の太陽

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 11:58:07 ID:keK2jbPy0
最初から晏弱より晏嬰カッコイイと思った俺は少数派だな。
でも晏子で一番好きなのは崔杼だったりする。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 13:11:00 ID:xkcyjv1n0
俺も崔杼は好きだな。
でも一番好きなのは蔡朝だったりする

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 18:34:34 ID:JhJCQ5Dn0
>>27
俺も
最初から晏嬰の方が気にいった
晏弱は人気でるだろうなと予想してたけど、案の定
ちょっと狙いすぎに思うかな

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:23:56 ID:d1vSktE1O
西周の時代の話を書いてほしいな
穆王とか西王母とか共和とか漠然としたこの時代を宮城谷さんに小説として書いてほしいな

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 21:18:16 ID:xvcd20280
>>19
本当だ、ありがとう。
王家の風日は世界観に馴れてなくて読むの疲れた
今度は太公望に挑戦

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 22:12:32 ID:s6076A60O
太公望は話は面白いんだが余計な登場人物が多すぎる
もっと削ることができなかったんだろうか?
正直望の仲間は姜の一族の子供たちだけで十分だと思う

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 22:20:07 ID:6vbUcOgp0
満足いくものを書くために古い漢字から勉強した苦労人。尊敬しています。

晏弱の戦略も大好きだけど、晏嬰の小さいけど頑固なところも大好きだな

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 15:41:27 ID:BUWPnHMs0
香乱記のラストにはちょっとガッカリ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 02:45:17 ID:UONp6+/NO
横山光輝に漫画化してほしかった

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 04:36:12 ID:74mzZPwW0
崔杼の耄碌っぷりが余りにも好きじゃない。
晏弱⇒晏嬰の代替わりで腐りすぎ。
あれほど親父は理知的な観察で高評価してたのに、
その息子は優秀さを示していたにも拘らず、訳の判らん感情的な印象で過小評価する。
その豹変を書き込んでいないので到底同一人物とは思えない。
主人公の政敵として役者不足だし、リアリティがどうとかでなく作劇の手段として下策だと思う。
カッコよく書きすぎて収拾を付けられなかったようにも見える。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 14:10:15 ID:7AN+wYah0
個人的に宮城谷さんの作品があまり好きになれないところは、
主人公側の美化補正が激しすぎ、逆に敵側は
優れた人物であっても過剰に悪くかかれる傾向があること。

晏弱とか介推とか、原史料で詳細が不明だからって超人的に美化しすぎで萎える。
逆に武霊王あたりは後継者で失敗はしたものの、趙を強国に持っていったあたり
戦国を代表する君主であるのに、完全な悪役に貶めてるのはひどすぎ。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:10:58 ID:l+KOCyTx0
べつに武霊王は完全な悪役として描かれていたようには思えない

どちらかというと樂毅の前に立ち塞がる大きな壁という存在だし、戦国時代を
通じてみても前線に立ってリードする型の稀有な君主として、その性質や
そこに至るまでの考察など、掘り下げて描かれていたようにみえる
主人公サイドが美化されているきらいがある点は大いに同意するけど

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:15:15 ID:f231f+Zc0
華栄の丘読んだ、これは良かった
長編より中編のほうが饒舌な文章じゃなくていいかも

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 23:34:08 ID:e4KZ9erN0
まあでも相当な悪玉だろ
それまでの文化はカチ壊すし息子は大切にせんし

かといってあれが善玉として描かれてたらキモいからあれでいい

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 00:31:29 ID:ZyJNs7b50
宮城谷作品はそんなに悪玉のキャラ付けが徹底しているとも思わんのだが、
香乱記の韓信だけは違うように思った。救いようの無い書かれ様。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 00:44:21 ID:W5fKk1w90
主人公側から見て悪い奴でも敵からすりゃ希代の英雄だったりするからなぁ
やりすぎのきらいはあるけど意図的ではあると思う

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 02:20:43 ID:+j0EPj4BO
逆に傑王とか帝辛とか歴史的に露骨に悪とされてる人物はできるだけ擁護しようとしてるな

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 01:31:53 ID:8VMmkOhI0
どうも話の展開がワンパターン化してるような気がする。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 02:58:53 ID:jVbNvNjN0


9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)