2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中国女傑総合スレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 16:58:48 ID:WpnEi62Z0
李木蘭とか秦良玉とか

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 17:14:12 ID:p6hSK/du0
女傑という言葉にこだわるなら、最強の女傑は武則天だろうね。
ひょっとすると世界史上でも最強の女性と言うべきかも知れない。

戦場の女傑と言えば、中国には女将軍の類って結構多いね。
実在に疑問が持たれている者も多いけど、平陽公主とか、梁紅玉とか。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:20:01 ID:6IO3YM3P0
男装美少女花木蘭は、ディズニーでアニメ映画化されたけど、
今度は、ディズニーの資本で、実写版映画が製作されるそうだよ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:52:26 ID:1mQzRoWo0
水滸伝とか、武侠小説とか、物語世界になると、
更に女傑と言うか、女英雄の類がたくさん出てくる。

はっきり言って凶暴な女が多いけど。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 09:00:34 ID:o3xkLot+0
女傑と烈女は、似ているようでいて、実は結構違っている。

>>4
凶暴な上に、なぜだかツンデレが多いw

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 16:20:55 ID:aSY7CdgC0
烈女は貞節を守るために自害するような女のことだよね。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 00:28:09 ID:X6f4Dp+60
女傑とは二種類のタイプがある。

まずは、権力者、政治家となった女傑。
これは、史上唯一の女帝にまでなった武則天を筆頭に、呂后、西太后などが、
その代表だが、皇后になり、そして皇太后となって政治の実権を握るのが黄金パターン。

それに対して、戦場で活躍した女将軍、女英雄の類もある。
これは当然武芸を習得した女たちで、娘子軍を組織した平陽公主、
男装して従軍した花木蘭、夫韓世忠と共に戦場に立った梁紅玉らが、その代表格。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 09:59:08 ID:BavDBui30
中国の場合、女性は家庭内での力が強かったようだね。
物語の中でもよく見受けられるけど、子は母に頭が上がらない。
このあたり、皇太后が政権を握るのは共通した文化なのだろう。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 10:03:09 ID:ZB/RNaZw0
母にってよりは親に、だとおもうんだけど。

儒教では男女の序列については言及してないんだっけ?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 12:54:41 ID:26deI4230
儒教の教えは、まあ建前の面が強いからね。
庶民には、あまり関係ない話だし。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 19:02:55 ID:NT/RW3WS0
武則天は政治力はあったらしいよ。

中国で製作されたドラマ「武則天」を見たことあるけど冷酷非情さにゾッとしたね。
敵対相手を陥れるためには自分が産んだ、生まれたての赤ん坊を道具のように殺す。
権力の頂点に立つには血も涙もない人間らしい心を捨て去ってなければ
いけないものだと感じた。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 21:36:57 ID:LBzfWgEK0
十三妹って何のキャラだっけ?児女英雄伝か??

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 07:47:06 ID:PvJSGyQ/0
十三妹は、児女英雄伝のヒロイン。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 00:56:54 ID:QSobsng6O
慈禧皇后(西太后)は節操がないからなぁ。それに対し慈安皇后は(東太后)は多いにあったと思うな。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 12:04:11 ID:WQGK87xW0
東太后は慈愛のある人だったらしい。
そのため、皇太子は実の母である西太后には懐かず
東太后の方に懐いていたとか。
後に西太后が勧めた女性を退けて東太后が勧めた女性を皇后にしたりして
母の怒りを買い、やがては母の手によって謀殺されることになる。
実の子なのに継母みたいな存在だったんだろうな。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 17:13:49 ID:WzEdqou40
そのあたりも、則天武后と西太后は似ているかもね。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 18:39:00 ID:P43zUpG00
北条政子、北政所>>>>>>則天武后&西太后だな。
中国女が政治に絡むと大抵、国が傾くよ。
成功したのはせいぜい20世紀の宋姉妹ぐらいじゃないの?
俺は政治家としての中国女なんて何の期待もせん。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 18:50:16 ID:QSobsng6O
三国時代と清末期時代をかさねると。
知力<<統率力と政治力が、
甄氏と東太后
統率力と政治力<<知力が、
郭氏と西太后
だと思うな。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 18:57:33 ID:UWx6QdHU0
>>17 武則天のことを何も知らないで、勝手なことを。
北条政子? 北政所? こいつらは将軍になったかのか?関白になったのか?高句麗討伐したか?著名な文臣を育て上げたか?
武則天の足元にも及ばんわ。
西太后とかならわからんけど…

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 20:33:57 ID:DLPLwnrZ0
>>17
>政治家としての中国女なんて何の期待もせん。

なら、最初から美女スレへ行っておけばいいことジャマイカ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 20:59:47 ID:3EVZOnan0
>>17
国が傾くって、則天武后の実質半世紀の治世は、中国史上でも有数の安定期だよ。
則天武后が権力を得る過程での、朝廷内部での政争は目立ったものの、
民衆の反乱の類はほとんど起こっていない。これは庶民の暮らし向きが落ち着いていた証拠。
それに、外交面でも成功して、唐朝の版図が最大となったのもこの時期。
はっきり言って、北条政子なんて、とても比較の対象にならんよ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:03:31 ID:WQGK87xW0
武則天は中国史上で唯一の女帝で、汚点のような扱いをされているらしい。
だから在位四十年ほどの間の周という国号も無かったもののように扱われている。
密告制度による恐怖政治をしき、次々と粛清を謀っていった一方で政治の手腕は抜群で
周の時代の治世は安定した良い状態が保たれたという。つまり政治的には名君であったと言えるかも。
しかし、一介の身分の低い女官から皇后へのし上がるまでの幾多の過程の手段を選ばぬ残忍さ
皇帝も辟易したというほどの気性の激しさ、皇帝を退けて自らが皇帝に即位する強引さなど
あまりのインパクトの強さに皇帝として成し遂げた功績の数々がかすんでしまっているようだ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:19:14 ID:UWx6QdHU0
唐の最盛期と言われる、玄宗期開元の治を現出させた文官は、武則天が抜擢しサロンに集めた人たちだった。
ということは、彼女の功績、先見の明を評価することに問題はあまりないように考える。
つまり、武則天を汚点とするのは儒教に染まった矜持だけが高い儒者のたわごと。
鮮卑系である唐室は、それほど女性の台頭を忌み嫌っていたわけでもないようだ。
どちらかというと、韋后の悪辣さのワリを喰らったような感じだね。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:22:03 ID:3EVZOnan0
儒学者たちにしたら、女帝なんて許しがたい存在だったんだろうね。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:30:22 ID:2nh2RU9f0
明末の反儒教を唱えた李卓吾は則天武后の治世を高く評価している。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 00:10:33 ID:dgBPnr9Y0
韋后というと、武則天のようになりたくて真似をしようと女の浅知恵をめぐらせた人かな?

16の言う、武則天と西太后が似ているとされる点とは政治力のことではなく
自らの権力獲得・保持のためには親子の情さえも簡単にバッサリ切り捨てることだな。
武則天は後宮内での地位を高めるために、生まれたばかりの娘を密かに殺し
何も知らずに娘の見舞いにやって来た皇后に娘殺しの嫌疑がかかるように仕向けて失脚させた。
恐るべき権謀術数。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 02:45:52 ID:MiGEkORX0
中国ではないがマッサゲタイの女王トミュリスは
バビロニアのキュロス王の軍を破ってキュロス王の首を刎ねている。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 09:22:18 ID:tVaqF4HY0
>>26 
>>16に粘着する気はないんだけど、「中国女が政治に絡むと大抵、国が傾くよ」ということで、則天武后の名前があるのがちょっと、ね。
なかったら、どうでもよかったのだが。
これで武則天を偏見で見れないようになってくれればいいと願うよ。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 18:19:46 ID:dgBPnr9Y0
武則天は中国史で女傑と評されているので傾国の女とされる
その他の女性達とは区別されているね。
傾国の女は何人もいた。楊貴妃はじめ、夏王朝、殷王朝にもそれぞれ一名ずつ。
特に西太后が最も酷いパターンだな。

武則天に対しては、偏見というより、他に類を見ない恐るべき人物だとは思っているよ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 19:24:29 ID:c3KuGksO0
だよねぇ。
権力のためにはお腹を痛めた赤子を絞め殺すんだから。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:14:58 ID:zrdkBYZyO
西太后は同治帝の皇后をイジメていたとか・・・

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:19:26 ID:gKo4z4RJ0
どうしても、則天武后が圧倒的に突き抜けちゃうね。
あまりに凄まじすぎて。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:20:08 ID:yllKrFPO0
劉暁慶は入れるべきだ!!

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:44:18 ID:zrdkBYZyO
ああ、劉暁慶は西太后役がはまり役だった。数年前に脱税でタイーホされたとか・・・

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 11:48:08 ID:HbSCKrE20
あの呂后でさえ、娘である魯元公主は大切にしていた。母親の情はあったと思われる。

東太后は最終的には西太后に毒殺されたんだよね。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 11:56:09 ID:HbSCKrE20
連投すまん。

いや、ふと思った。
もしかしたら武則天は、良くも悪くもそういう女性的な情がなかったからこそ
安定した治世を保ったのかなと。精神的には女性ではなく、男であったのかもしれない。
普通、女性が権力を握ると自らの欲望に終始したり私利私欲を肥やす一族の繁栄のみに視点が集中し
政治は荒れ放題となり、結果的には傾国にまで至るケースが多いからな。
これは中国史に限った話ではなく。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 12:05:30 ID:GL7QLwdl0
まぁ、息子を最初、皇帝に就けるも、「ええい、はがゆい!」とばかりにw 自分が帝位についたけど、親族は大事にする一方で、恩陰でない文人の登用などすぐれた先見性を発揮している。
たしかに、女性的な柔和さは微塵も感じられない…

あと、ご多分にもれない混乱を引き起こした韋后をぶっ殺した李隆基も、若いうちは名君だっただけに、傾かせることなく唐を存続させえたのでしょう。
こやつは再生と破壊の両方をやってのけた、稀有な皇帝だからなぁ…

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 13:54:06 ID:GgSjRnTW0
女性が戦場に出て、勝てばいいけど負ければ悲惨だよな……

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 18:40:42 ID:4kU+d3+z0
マッサゲタイの女王トミュリスはキュロス王の軍勢を破り、
キュロス王の首を刎ねたが、「私は息子を失った死にそこないだ」
と勝利に喜ぶどころか悲嘆に暮れていたという。
キュロス王は息子の仇で、母親が息子の仇を討つということが国家レベルで行われたという希有な例。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 19:03:24 ID:GL7QLwdl0
地方反乱だけど、呂母も。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:47:09 ID:OIBoELB20
>>38
古今東西、どこの軍隊でも慰安婦の需要はあるからな。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 01:18:59 ID:0Gi+g5aF0
>>37
そんな武后はエカテリーナ2世と似ているな。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 01:52:25 ID:jq4WwIWG0
>>34
武則天もやってるだろ。
まさに現代中国の女傑だよ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 19:13:41 ID:0GVbZMJq0
らんま1/2のシャンプータンスレだと思ってワクテカしながら開いたのに orz

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 00:31:12 ID:FACpQVOfO
>>43
おおっ、劉暁慶は武則天役も?そりゃ凄いな。

呂后・鞏俐
武則天・劉暁慶
西太后・劉暁慶×3

ってな感じだね。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 10:05:20 ID:TVy6wzwK0
あ、そうだったのか。
スカパーでやってた中国ドラマ「武則天」を見たことあるよ。
あのおばちゃんと西太后役の人が同じ人だったとはね。
西太后役の人はもっと若かったが、武則天はかなりのおばはんだった。
まさか同一人物とは・・

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 12:23:12 ID:gWkGsR+G0
何人も武則天をやっているはずだから46が見たのが同一人物とは限らんけど、
劉暁慶は武則天を2度やっているそうな。
これが今年撮影したバージョンの扮装写真(現在公称55歳)。
ttp://ent.sina.com.cn/v/m/p/2006-08-30/01551222765.html
ttp://www.piao.com/bbs/TopicOther.asp?t=5&BoardID=31&id=5
ttp://entertainment.anhuinews.com/system/2006/07/14/001513769.shtml
最初に演じたのは12年前、映画の西太后は22年前の作品。

この人の生き方はまさに現代中国の女傑と言える。
1度自伝及び人物伝を読んでみるとよろし。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 21:13:16 ID:FACpQVOfO
でも、劉暁慶の若い頃の作品で芙蓉鎮が可愛いかったなぁ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 21:56:35 ID:VrchAxFX0
怖い西太后は可愛い芙蓉鎮より前の作品なんだよね。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 23:03:15 ID:5JIBRMye0
ちなみに、今年の中国の歴史ドラマ「王昭君」。 劉暁慶さんも脇役で出ているよ。
この予告編でも、後半の方にちらりと。
http://www.youtube.com/watch?v=2H5MTQMbsAo

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 23:13:08 ID:hAKT5RC50
また宣伝隊が

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 00:14:50 ID:Ul9LiuXs0
芙蓉鎮!まじ?!
あの可愛い娘が西太后と同一人物なのか!
信じられん。

と思ったら、47の写真を見る限り俺が見たのとは別の人のようだね。
こんな美人じゃなかったし、武后の晩年部分を描いていたからかババアだったよ。
武后の寵愛を受ける美少年の顔が、お世辞にも美少年とは程遠く、やばすぎて笑えた。

>>50
いいなー、今スカパー契約してないから。
中国の歴史ドラマは面白いよね。何故か映画はクソつまらんけど。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 01:29:06 ID:8pN0oesk0
>>52
中国の場合、映画の検閲が厳しいんだよ。
だからどうしてもお行儀のいいものが多く(国外に)出てくる。
TVドラマは、基本的に国内に流すためのものだから
その規制が少し緩いんだと思う。

て、女傑って皆さん、どのぐらいご存知なんだろう。
韓娥とか王聡児とか林黒児とかって知ってる人いる?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 01:52:14 ID:fNPDMED/0
梁紅玉程度しか知りません。
出来れば>>53で挙がった三名の詳細希望。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 02:10:35 ID:MKTjcLc20
江青

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 17:40:38 ID:8pN0oesk0
>>54
全部、反乱がらみなんだけど。

王聡児は清の嘉靖年間の白蓮教の乱の指導者のひとり。
もともとは旦那が指導してたんだけど、旦那が亡くなったあとを継いだ。
最後は崖から飛び降りて壮絶な最期を遂げてる。

林黒児は義和団の乱の時。
義和団の個別組織で「照」というのがあるんだけど、
その中で女性ばかり集めたのを「紅燈照」といって、その首領が林黒児。
外国人や貿易商を襲って暗殺してまわっていたそうな。

韓娥は元末の紅巾の乱の時の蜀の人。
自衛のために男装して紅巾軍に加わっているうちに戦功を上げて出世。
で、嫁を娶らされそうになったので軍を抜けて女にもどった。
蜀中木蘭と呼ばれたといわれている。

まあ、伝説に近いのもあるんだけど、探すとけっこういるよ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 22:40:35 ID:MrTLEqhGO
三国時代では、
郭夫人の陰謀で甄夫人がアボーン
清時代では、
慈禧太后の陰謀で慈安太后がアボーン

陰謀を謀った側は女傑だと思うが、国を傾けた事は確かだ。アボーンした方が専権を握っていればなぁ。

あっ、慈安太后は専権を握っていたか。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 01:31:07 ID:MPpfp5240
紅巾党にも女がいたのか。初めて知った。

垂簾聴政においては実質的には西太后一人が実験を握っていたのではなかろうか。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 11:42:52 ID:BoEu1Syj0
白蓮教系は女傑が多いように思う。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 14:02:11 ID:ikhrBs6u0
明朝の元プリンセスの独臂神尼は、どうでしょう?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 14:04:13 ID:ikhrBs6u0
林黛玉、薛寶釵、潘金蓮、李瓶兒………

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 14:08:00 ID:ikhrBs6u0
荷仙姑と孫不二なら?仙人ですよ。
三国志シリーズなら、左慈のような不思議なお人ですね。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 23:20:56 ID:XeTiTTr80
>>60
史実じゃ、若いうちに死んじゃっているね。

そういやその独臂神尼の弟子とされることもある呂四娘なんてのもいるね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 23:36:22 ID:ViycpXpl0
雍正帝暗殺犯

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:17:58 ID:cjGYm44d0
本当は過労死のようだけどね。
雍正帝は、親王時代に、少林寺で武術の修行をしていたというネタもある。
名君だけど、過酷なところが、悪役にしたてやすい人だね。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 21:05:51 ID:QbdLbYcHO
三国時代にて甄氏はガチだな。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 15:59:10 ID:NAbTzN2x0
亀だが>>15
生みの母は西太后ではあるけど、東太后は父親の正妻なんで同治帝の嫡母。
儒教的というか中華な道徳から言えば側室の子は正室を母と呼んで育つ、
生母は父親の妾に過ぎない。
だから東太后は西太后よりもずっと子供に近い所にいるし、母としても重んじられて当然。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 22:57:22 ID:sgFB1q2uO
慈禧太后とはいえ、慈安太后が所持していた感豊帝の遺した遺書は物凄く脅威だったことは間違いはないだろうな。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 15:08:29 ID:ITguuZLR0
>>62
孫不二は武侠小説の影響で、頭に血が昇りやすい、きついばあさんってイメージだな。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 23:55:08 ID:npk1lAni0
鐘に潰されかけた・・・

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 14:15:51 ID:6vfwS4ri0
山東の呂のおばさん

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 21:21:12 ID:Ih3aQjV20
小説十八史略の解釈だと驪姫も女傑だな

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:11:46 ID:8ctQj7yK0
>>69
孫不二は実は全真七子の中で最年長

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:58:21 ID:LTs5+NOs0
やっぱり則天武后

あまりにも最強すぎる女傑

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 21:06:24 ID:s1l+ilBp0
ダッキとか西王母とか

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 14:20:01 ID:VNtD4jwa0
中国じゃ幼帝の時、皇太后ってのは権力を持つね。
則天武后もその口だし。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 07:55:42 ID:s5nf+Vpj0
妲己たん萌え〜

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 00:09:48 ID:azvjKTOkO
武王の嫁さん王姜はどうだろう?
武王死後の反乱に周公旦や召公とともに鎮圧するなど女傑として相応しい

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 13:05:43 ID:CIHZPdyb0
巾幗英雄

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 01:29:20 ID:mK3Ct0x+0
平陽公主

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)