2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

水滸伝の二次創作で一番面白いのって?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 12:30:10 ID:uYHVTOpD0
三国志ほどではないが
横山、北方、絵巻等いろいろあるけどみんなはどれが一番好き?

幻想とか魔界みたいなあまりに原作からかけ離れているのは対象外で

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 12:40:27 ID:ls0BDsa60
最近じゃ、絵巻水滸伝かな。
ストーリーもなかなかな上に、やっぱりあの絵は素晴らしい。
中華圏のサイトでも、絶賛されているし。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 12:41:05 ID:eZ16EWXJ0
愚問。北方で決まり。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 13:40:21 ID:rBJA2jQA0
二次創作というのとは違うが吉岡平の妖世紀水滸伝は笑える
水滸伝馬鹿にしてるが

やっぱり絵巻は別格だと思う。あとコーエーの天導一〇八星は意外と楽しい

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 14:36:46 ID:7heSsAWs0
>>2
楊雄は北方版より良い。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 15:05:48 ID:N2B1MsdY0
原典と大きく違うように言われる北方水滸伝だが、晁蓋の死ぬ時期とか、
招安に代わる講和の偽装であるとか、銘々伝に出てくるエピソードとかは、
原典を踏襲していると思うが?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 15:34:54 ID:WJXOjL0Z0
自分は北方謙三の作風は、いまいち性に合わなかったな。
水滸伝も、楊家将も、いまいちの感があった。

それと絵巻水滸伝は秀逸。買いたいけど、高いな。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 16:56:12 ID:p6hSK/du0
志茂田景樹も「大水滸伝」なる小説を書いているけど、どんな内容なんだろう?
あの人の作品だから、むちゃくちゃなことになっていそうだけど。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 17:23:02 ID:6F5AEo+N0
いろんな作家が競合して水滸伝を書くのはいいことだ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 17:34:59 ID:x/1McbZP0
北方のは革命戦記になっちゃってるからなぁ
小説としてなら面白いんだが、水滸伝でやる必要があったのかと小一時間問いたい
あとどいつもこいつもお上品過ぎる
魯智深はなんか求道者みたいになっちゃってるし
阮小七なんて原作の天衣無縫ぶりはどこへやら完全に糞キャラ化してた

やっぱり水滸伝として読むなら絵巻が最高だな

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:47:00 ID:KfLOpIJT0
水滸後伝とかそういうのは?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:47:55 ID:x/1McbZP0
>>11
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161680317/l50

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:49:56 ID:KfLOpIJT0
>>12
ありがとう。
【】で囲まれた部分の方が比重が大きすぎて気付かなかったわw

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:31:01 ID:1mQzRoWo0
柴田錬三郎の『われら梁山泊の好漢』

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:55:03 ID:x/1McbZP0
>>14
あれ高唐州編辺りで終ってない?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 16:12:48 ID:+Orvf47M0
今は絵巻水滸伝が最高だろう。

サイトで見れなくなったのはちょっと残念。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:27:17 ID:aTZK7YgZ0
108星の生まれ変わりなのに集結する前に欠けちゃダメだろ >北方

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 22:49:36 ID:cYFuDEYQ0
しかし、集まった途端にばたばた消えていくのも、
子供の頃読んでて萎えた覚えがある。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 23:09:53 ID:aTZK7YgZ0
120回本だと集結するのが71回で最初の戦死者が出るのが114回あたりだから
必ずしも「集まった途端にばたばた消えていく」わけでもないんだな。
戦争ばっかりで面白くはない部分ではあるが。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 23:45:12 ID:rSIhk2A00
100回本は間の20話がないからね。
すぐに消えていってしまうって印象は強いと思うよ。
そう思った昔の人が、好漢達が活躍する話を付け加えて出来たのが120回本なんだしね。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 15:54:57 ID:AGR6lK5a0
71回以降を読むには、ものすごい忍耐力が必要だろ?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:43:17 ID:S40O29IS0
>>10
はげどう。小七死んでる。お気に入りなのに。
阮小五はキャラ立ってたのに。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:54:16 ID:HawCfI6D0
>>10
まだ108星はいい。問題多すぎなのは二世キャラ。
お茶を飲むような手軽さで殺人罪犯していた108星。
万引きしただけで、木に吊るされ、斧で嬲られる二世キャラ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 09:07:03 ID:BjGL1fSs0
個人サイトだけど、ひらがなで平易な言葉で書いてるやつが面白かったな
淡々とツッコミが入ってたりするのがなんかすっげえシュールな感じで
北方はあんだけ違うのにただ「水滸伝」とだけ名乗ってるのがちょっとムカつく
正式タイトルも「北方水滸伝」だったら良かったのに

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 00:34:12 ID:8MqGbLgJ0
絵巻水滸伝は絵が素晴らしいのは言うまでもなく、
ストーリーもかなりよい。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 07:35:18 ID:ldQgEtek0
まだ一巻しか読んでないんだけど、
原典では「なんでこんなところに居るの?場違いだよ、役者不足」って言うようなキャラでも、
絵巻ではしっかりキャラが立ってるのが素敵。
李忠とか、震えが来るほどかっこいいし。

本当の「換骨奪胎」って、ああいうのを言うんだろうねぇ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 08:50:55 ID:BavDBui30
丁寧に細かいオリジナルストーリーを加えて、
各人物を掘り起こしてくれているからね。



28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 11:34:09 ID:26deI4230
絵巻水滸伝最高

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 23:23:36 ID:wJMM7k/Q0
吉川英治の水滸伝ってどう?
未完らしいけど。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 18:29:03 ID:JD5PDy0+0
お上品な水滸伝
だけど武大あんちゃんと金蓮さんのセクロスシーンあり

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 20:43:09 ID:yoQRrGZO0
70回本と同じ位のところで終わってるけど
後半の内容かなりはしょってるよね

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:07:22 ID:ti9lW6HR0
やはり絵巻を推す 以前は毎月15日の更新を心待ちにしていたものだが

単行本、手元に置いときたいとは思うが、ドでかい上に結構な値段だからね…
なかなか手が出ないぜ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 08:40:19 ID:KC0ij0xD0
お前等考えてみろよ
アレだけの内容で2500円だぜ?安いもんだろ
いろいろ節約すればそれほど難しくないだろ
一冊でも多く売れないと71回から先が無くなるかもしれないぞ!

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 22:01:25 ID:WJJlB1u80
【梁末演義・その1】

300年の長きにわたり続いた大梁国も天災、飢饉の頻発により次第に民心を
失っていった。各地で小規模な反乱が勃発するがまだ体制を揺るがすほどの
ことはなかった。
広州・・・アラブ商人の来航により急速に発展したこの町で、ある事件が起
こる。塩の密売人の梅伯が同業者の何済に殺されたのである。報復を恐れた
何済は、以前より親しくしていた広州知事、孫定に保護を求めた。孫定は、
梅氏に叛意有り朝廷に上訴し始末しようと企んだ。梅伯の子、梅武は弟の梅洋
、梅勝らと共に広州の役所を襲撃し占拠、何済を殺害し、孫定を人質にとった。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 19:55:25 ID:zReCe0Su0
新・水滸伝(水滸新伝)
今戸榮一訳編
光栄より全五巻

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 23:17:00 ID:JEyRvPQD0
>>35
黄色いアレな

新好漢や新設定、新エピソードてんこもりで、もはや別物って感じだったが
それはそれで楽しかった
終盤の悲惨さは正伝以上かもしれんね…

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 00:12:10 ID:XnF24EWI0
絵巻更新予定日age

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 00:26:54 ID:ui2x4tB80
兵庫、大阪(一部)のヤシに吉報!
サンテレビで今日からあの伝説の日本テレビ版「水滸伝」が放送開始!!!
すげーぜ!!!!!

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 15:00:48 ID:n+WEGgCm0
絵巻更新してたのでage

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 15:26:04 ID:4AzpMW0X0
北方文庫化されてたから読んでみたが、セクロス描写が親父臭すぎてキモイ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 15:59:35 ID:bg1e0x/H0
>>39
見てきた
相変わらず宋万杜遷がいいキャラしてたなw
あと施恩ぼっちゃま

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 22:47:56 ID:dbICd6+a0
>>39
コスプレ大会ワロタ

あと、後伝につながる部分も出てきてちょっとニヤリとした

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:47:47 ID:bg1e0x/H0
宋江「僕は腕っぷしが少し弱いんですけどね、あの」
朱都頭のトラウマを癒すスレ
董平は程万里に酷いことしたよね
梁山泊名前負け王決定戦
替天行道だけで1000を目指すスレ
韓伯竜は男の中の男!
宋大兄の目を招安から離す方法をまじめに考えるスレ
1000レスに達すると凄い勢いで妖術合戦が始まるスレ
わーい、轟天砲だー!
童威と思って声かけたら童猛だった奴の数→
正直、このままじゃ梁山泊はイカンと思ってる人の数→
扈三娘<<<<<私!!!!!!!
扈三娘をネタにオナニーしているやつ
晁天王は童貞だった。○か×か?
おい、おまえら、関勝と朱仝のどっち派ですか?
泰山打擂台をひたすら実況するスレ
誰の刺青だったら真似してもいい?
帰順したら官職が貰えると思い込んでる奴の数→
【孫提轄】最終席次決定で嫌な思いをした人の数【李雲先生】
【勝者となれ!】今から完顔阿骨打対策をするスレ
★四柳村で>1が二丁斧振り回し男女2人死亡
花逢春きゅんでオナニーしてた1を叩くスレ
蔡京が嫌がる怒る悔しがる一言
【穆春】お前らの兄貴ってどんな人?【孔亮】
緊急討論! 李逵と使いに行け命じられてしまった俺は明日どうすればいい?
石碣降臨って、やらせだろ?
来年こそ高俅を討つ!だからダイエットする!
いやじゃ、童貫と戦いたくねえ
盧俊義って何であんなに頭悪いの? 
宣賛・杜興が近づくと逃げる人の数→
金翠蓮みたいな彼女を作るぞ!!
【重要】牛頭山でオフ会しません? 
【欺瞞】宿元景が信用できない【妥協】
どうせ煮られるんだし、暹羅へ行こうよ
あぁここも山賊なんだなぁと思う瞬間
秦統制にどやされたら書き込むスレ  
亡くなられた劉夢龍に哀悼の意を
何もかも無用のせいにするスレ
悪いけど蔡兄弟ほど世渡り上手はいねぇな・・・
段景住って生きてて恥ずかしくないの?
【祭り】泥水贈った朝廷の使いに制裁
就職内定確かに受けたのですが・・・by韓伯竜
(´-`).。oO(なんで招安なんて受けるんだろ?)


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:49:26 ID:bg1e0x/H0
誤爆スマソOTL

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 00:57:04 ID:T0soDlJ60
絵巻は扈三娘たんと顧おばさんの新イラストが見られて満足

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 16:17:19 ID:2RIJvksn0
出林竜・独角竜がなんかかわいいと思えてしまったのは俺だけでいい

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 18:21:01 ID:KxYCzks30
雲裏金剛と摸着天がなんかかわいいと思ったのは俺だけじゃないはずだ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 19:51:58 ID:OEy1E+Oj0
>>47
お前、あの2人は公認萌えキャラだろ

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 23:51:58 ID:a+LnQEvY0
いつの間にか絵巻のブログができてた
ttp://plaza.rakuten.co.jp/suiko108/

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 14:11:26 ID:6vfwS4ri0
絵巻水滸伝欲しい・・・

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 14:17:46 ID:rkRIKPpY0
杉本苑子の「悲歌水滸伝」が俺は好きだな
視点が違ってて、というのであれば>>35の挙げた新・水滸伝(水滸新伝)
と「我ら梁山泊の好漢」(谷恒生)

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 20:14:43 ID:yAsogSMg0
傾国水滸伝はOK?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 22:04:41 ID:rkRIKPpY0
失敬
>>51
「悲花水滸伝」だった

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 22:11:53 ID:Qy8hp5H10
>>53
「悲 華 水滸伝」
ttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/large/4122038200.jpg

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 22:55:42 ID:mZEr0+tG0
今、ちょうど悲華水滸伝読んでる。百八星揃ってリョウ討伐のところだが。

ところどころにホモくさい描写はあるものの、残酷描写などは少なくてまぁ読みやすい。
しかし宋江がムカつく。どの媒体でもそうなんだが、この宋江は作中キャラからまで
「女々しい」とか言われる始末だしなぁ。

あと、李師師が美女じゃないなんてこの小説ぐらいだろうな。
それと童貫が善人キャラなのも驚いたw



56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 01:26:35 ID:y1BaT5WU0
たしか、方臘陣営の武将が料理に揚げ豆腐が入ってる入ってないで騒ぐ描写が居たな

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 07:44:11 ID:HNmGeH1d0
宋江がムカつかないのって
横光、絵巻、李志清くらいか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 20:42:19 ID:GOeArI5x0
李志清のはなんか周りがあがめまくってるかんじ。
ていうか宋江含めて皆キャラ死んでる。なんだよあの李逵。
個人的には最近出た10巻の漫画の宋江が人間くさくていいかも。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 20:48:41 ID:HNmGeH1d0
>>58
あれ108人全員出てる?出てたら買おうと思ってるんだが

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 21:49:42 ID:lYP8weru0
>>55
>李師師が美女じゃない
>童貫が善人キャラ

そんなのがあるんだw

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 02:30:21 ID:ug/zo4yt0
>>57
いやー横光の宋江もかなりイヤらしい感じだよ
閻婆借殺すときの表情とか扈三娘を「女だてらに」とか言ってたと思う

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 07:47:35 ID:xNW5D5yQ0
>>59
前半は良いが後半は走り気味で、個人的に好きな張順と安道全の絡みもカット。
とりあえず天ゴウ星は皆出るよ。

>>61
横光の閻婆借ってなぜか男だよね。しかも部屋の中じゃなくて街中だし。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 09:29:30 ID:9PUYjM9b0
>>61
そこらへんは逆に好漢らしくていいと思ったんだが

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 12:31:05 ID:ql1HmHsC0
>>61
扈三娘の戦場での魅力は、
敵「女だてらに戦場に出張りやがって、このアマ」
   ↓
敵「とんでもない腕前だ・・・」→敵あっという間に死亡、敗走もしくは捕縛
だから、横山先生は何一つ間違ってない

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 13:53:20 ID:D8Cbk7n6O
張紹林はスレチ?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 21:45:57 ID:ikWtY0CA0
>>62
主人公が女を殺したら
さすがに読者が引くと思ったんじゃないかな。

武松を本編(1〜7巻)で登場させなかったのも
仇討ちとはいえ無差別に殺しまくったのが理由だし

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 23:27:07 ID:f6t5ZGLu0
横山水滸伝は基本的に小中学生向きに描かれたものだから、原作からはかなり外れて描かれているね。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:15:59 ID:nf6pqFgZ0
しかし横山から入ったもので
未だに俺の脳内では
林冲>>>その他

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 15:07:41 ID:4hsI7P8K0
戴宗、黄信、樊瑞、項充あたりは横光のお陰で得したんじゃない?

李袞カワイソス

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 16:36:02 ID:E97EJrwp0
戴宗は既に俺の脳内イメージではOVAジャイアントロボのヤツになってるなw

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 19:58:38 ID:c/1tM6z60
>武松を本編(1〜7巻)で登場させなかったのも
>仇討ちとはいえ無差別に殺しまくったのが理由だし

というよりは梁山泊にまったく関係ない話だからでは >武十回
梁山泊入りする直接の話でもないし史進→魯智深→林冲みたく連鎖的に続いて
カットしたら話がつながらなくなるということもない。
ただ切り捨てたままでは惜しいと思ったので(有名な話ではあるし)
外伝という形にして描いたというところでは。



72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 02:28:04 ID:jXOCC4SI0
>>69
秦明なんて見せ場を黄信に取られたもんなあ…

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 09:01:32 ID:oKqRdVuw0
秦明が黄信に取って代わられたのは狼牙棒が描けなかった(資料がなく)
からではなかろうか。
呼延灼の鞭だって「ムチ」だったし。
日中国交回復前だったから入手できる資料の量などは現在とは比較にすら
ならないと思われ

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 10:01:21 ID:9KkN5oEC0
実は祝家荘で秦明らしき人物が何コマかだけ出ているんだよな

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 10:43:41 ID:g5wzBC5+O
眼帯つけてるやつけっこう多くなかった?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 11:28:12 ID:9KkN5oEC0
>>75
俺の予想だとアレは王矮虎
林冲の隣とかに髭面でずんぐり、顔に無数の傷がある武人風の男が
何コマか出てたんだがそれが秦明だと思う。その前に名前は出てたし

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 11:47:00 ID:73foOmjM0
遅レスだが

>>8
買ってすぐ捨てたんでうろ覚えなんだけど、
108星がそれぞれ三国志の英雄の転生だ、という設定だった。
劉備=宋江、孔明=呉用……てな具合に。(あと劉表=晁蓋だったかな?)
孫二娘が敵を罠にかけるためのセクロスシーン「だけ」が
やたら描写が細かかったのを覚えてる

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 12:17:47 ID:yucqavKU0
あえて、「60億のシラミ」とか言ってみる

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 16:54:26 ID:CdgR+hDi0
>>77
それ読んだだけで、むちゃくちゃやっていそうなの想像がつくな。
戦国の長嶋巨人軍書いた人だしw

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 20:18:59 ID:+ADAZ/V50
梁山泊で一番いいのは
魁!男塾の十六傑だな

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 20:45:26 ID:KcucR5+P0
>>80
宋江別人だけどな…

しかし真面目な話、あのノリで水滸伝描いて欲しいと激しく思う

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 21:33:48 ID:Y4nOTot40
>>81
安道全「死亡確認」と申したか?
なんとなく李雲先生が雷電ポジションになりそう


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:17:51 ID:1yYaLfMa0
杜遷&宋萬が富樫&虎丸ですかね?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:36:33 ID:AGOBLMrU0
>>82
ふいたw

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 12:42:40 ID:1VOqsWc70
魁!水滸伝 だと扈三娘ポジションのキャラがいませんなw

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 13:57:15 ID:KwAK4GpH0
仁蒋

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 14:00:14 ID:uuyJ2EyT0
>>85
「実は女だった」って敵キャラならいたような。
幼い頃から、かやくご飯ならぬ「火薬ご飯」を喰らい
敵を巻き込んで自爆するという技の持ち主w

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 17:38:36 ID:bVhLNJkC0
本宮ひろしが水滸伝描いたら合うと思うんだが

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 17:40:10 ID:UzCYtZ8w0
>>81
俺は原哲夫に水滸伝をやってもらいたい。
宋江が原作とは似ても似つかないケンシロウ系キャラになりそうだがw

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 21:45:36 ID:p1bGlEl50
>>21
火葬戦記的に読む分には、痛快さだけを追いかけるとかなり読める。
実際中学生の時は面白く読めた。
対遼戦にしても田虎討伐にしても王慶討伐にしても水戸黄門や暴れん坊将軍的な
楽しみ方はある。

>>29
郁保四が石盤にしか出てこない。まあ、もともと空気キャラであるにしても、
ミスはミスだと思う。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:01:36 ID:1Ag2Iacv0
新・水滸伝(水滸新伝)の知名度の低さは異常
大活躍する穆弘や李俊のポジションを食ってる項充や
鉄面孔目の妹・粉面観音とかについて語りたいじぇ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 13:20:05 ID:StTa5l7nO
あれは宋江の腹黒さがえげつないんだよな。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 14:25:52 ID:KylVpxuR0
でも原点の宋江より好きなのは俺だけ?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 22:42:09 ID:NWMoa0RA0
絵巻水滸伝一巻買った
李忠ハァハァ

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 09:18:09 ID:4xKrRSFv0
絵巻の李忠は渋くてかっこいいよなぁ。
呼延灼と戦ったときも、実力差をわかった上で時間稼ぎのためにひたすら守りに徹してるところとか

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 12:56:56 ID:P7X/tAU40
【国際】 「日本人が改竄!」 ゲームやドラマで中国古典の人物をパロディ化したら、法的措置も…中国
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166062615/

頼むから絵巻を未完で終わらせないでくれよ・・・・。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 14:35:58 ID:S/mTm6Yf0
縁起でもないこと言うなよ

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 07:08:51 ID:fjkhCaQ70
対象はゲームやドラマだし、絵巻はパロディ化ってわけじゃないから
少なくとも現段階では問題ないと思うぞ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 08:27:37 ID:PsPpU0ut0
>>98
香取慎吾がやった西遊記は(実際の出来はともかくとして)パロディではなかったはずなんだが、
向こうでは非難ごうごうで、槍玉に上がっているものの一つ。

純粋に作品の出来で言えば、絵巻は見事なリスペクト作品だと思うんだけど、
向こうは反日ありきでやってるような気がするんだよねぇ。
そうなると、作品の出来はさて置かれ、日本人が作った=改竄って扱いにされそうでさ・・・。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 14:05:57 ID:Upjunm4j0
もっとも法的措置ったってなんの法律でどう措置するんだかって話だが。
影響が出るとしたらドラマのロケを中国でやる場合ぐらいじゃね?
たとえそーゆー法律を中国が作ったところで、日本にまで力は及ばんでしょ。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 16:30:26 ID:dK8w7mfF0
危ないのは絵巻より原作レイプの激しい
北方、大水滸伝あたりだろうな

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 18:51:30 ID:EXi+ptir0
まあその2作は文句言われるのも無理はない気もしなくもないな

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 07:12:58 ID:/MNPdpdT0
まあ確かに。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 13:29:31 ID:nFq5ygD20
てえかそれ、西遊記はあまり大したことなくて、紅楼夢のキャラ使ったエロゲが
騒がれてるらしいじゃないか。

つまり水滸キャラ使ったBLゲでも出ない限り大丈夫…か?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 23:42:56 ID:KUVbf4Kn0
何か今度三国志キャラを女体化したエロゲが出るらしいんだが
それなんか完全にアウトだよな?

水滸伝でもそんなん出た日には・・・

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:02:51 ID:8GjlVfae0
水滸伝キャラを女体化したエロ漫画は既に存在するし。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 13:28:24 ID:wTsJhXvk0
というか男塾w

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 13:31:02 ID:2kSV1u+Z0
さすがにあれで文句はいわれんだろ
梁山泊っていってもほとんど関係ないし

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:28:37 ID:yWinkh0D0
「梁山泊」って言葉は一般名詞っぽくなってるし

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:54:06 ID:4Va40V0p0
>>104
紅楼夢は、熱狂的なヲタが中国には多い。
怒らせると一番怖いのが、紅楼夢ヲタの紅迷と、金庸ヲタの金迷。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 02:46:25 ID:n9hviFUm0
飯森広一の「60億のシラミ」について語っちゃダメ?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 14:03:06 ID:14+UgWbC0
>>111
知っている人間が漏れと貴君だけな気がする

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 14:03:52 ID:14+UgWbC0
>>111
このスレで知ってる住人は俺と貴君だけな気がする

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 18:14:52 ID:et5LpbBr0
一応、タイトルと水滸伝のパロディだってことは聞いたことがある

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 18:53:06 ID:14+UgWbC0
60億のシラミの粗筋

60億の人口が暮らす地球、そこでは真夏に雪が降る異常気象が発生、
同時に世界中の動物にも奇妙な現象が起きる。
気象シミュレーションから18年後には地球上全ての土地が凍土とな
るという結果が出た。地球は再び氷河期を迎えるとの予測である。

日本政府はこの事実を国家機密として、燃料・食料の備蓄のために
統制を始める。

不況による雇用の低迷
食糧不足による物価の急騰
市民の暴動による食料の強奪
石油の配給制    などによる治安の悪化に対応するため政府は、
NSP(特殊警察隊)を設立する。
しかし、NSPは当初の目的を外れて暴走を始める。
警察内部の反逆者、学生、革命グループ等々…。市民を抑圧し横暴
の限りを尽くすNSPに反抗する人々が一人、また一人と集まり始めた。
実は、これは。人類を滅ぼそうとする天の星と人類を守る立場の地
の星の戦いでもあったのだ。
地の星に導かれて集まる108星の人間達の物語はいかに?というお話

116 :111:2006/12/30(土) 05:06:19 ID:iDP5651F0
>>115兄哥
どうも解説ありがとうございます

そして、この天変地異は、
「人間に汚された地球を浄化するためこの60億のシラミを滅ぼす」のが使命の
キリストの転生=天空坊によって起こされたもので
彼はその十二使徒の転生達を人類滅亡の尖兵に遣わす

それに対し
「地球は人類の英知によって維持されるもの」と主張する
大地の聖霊の転生=八洲大地(十二使徒ユダの転生、八洲動物園長の息子)
は、人類を救うために108魔星を1つに集結させようとする
という流れでしたね

主人公は、天魁星 宗 公明(そう きみあき)で
八洲園長の部下・宗課長の息子にして、東都大学の学生。
政治犯としてNSPに投獄された後、
孫立太(地勇星)やその弟・新八(地陰星)・大子(地数星)夫婦らによる
NSP本部襲撃によって自由の身になり
革命グループ「氷山」に参加する。
弟は宗 清(そう きよし)=地俊星。

117 :115:2006/12/30(土) 21:20:11 ID:shYmrQ8N0
やっぱり知ってるのは二人だけな予感

水滸伝で言うと王倫が殺されて、晁蓋が首領になる辺りで
打ち切りが決まったぽい展開になってる。
(とはいえ流れが一緒な訳ではない)
60億のシラミを先に読んでから水滸伝を知った口なので、
完結していれば、かなり名作な悲劇になっていたでしょう
と思えるくらい面白かった。

林冲・芝進・黄信にあたる3人が格好良かったな。

118 :111:2006/12/31(日) 04:30:21 ID:sJ8oqCZA0
まあ、過疎ってますしw
兆外教授の最期といまわの際の言葉のシーンで、
苦しい打ち切りながらも、最終回はうまくまとめてましたね

天空坊=キリストなんてのは「竹内文書」が元ネタだし
(劇中にも言及がある)、伝奇系終末SFとしては結構ハードでした
水滸伝を知ってる人間にはすぐピンとくるおなじみエピソードを積み重ねてたんで
勿論そういう楽しみ方もできるんですが

108魔星も十二使徒も、おのおの自分の正体を知らず
あくまで己の信念に従って、日本を救うために戦う。
だから、敵役はいても「悪人」はほとんどいないんですね

あと、登場する兵器類が当時としてはかなりマニアックw






119 :111:2006/12/31(日) 04:33:54 ID:sJ8oqCZA0
>林冲・芝進・黄信にあたる3人が格好良かったな。

天雄星 林 忠(はやし ただし)
警視庁の刑事。政府のホームレス弾圧政策に抗して
彼らを自然動物園跡地に匿うが、密告によってNSPに逮捕される。
謀殺されるところを大地に救われ、柴進の紹介で「氷山」に参加するも
兆外たちの加入を受け入れようとして、失脚を恐れるリーダーの小人物 O・リーンに粛清されかけ
返り討ちにする
使用武器はスタームルガー・レッドホーク・44マグナム

天貴星 柴 進(しば すすむ)
北海道で広大な農場と牧場を経営する男。
氷河期とエネルギー不足の中、地熱を利用した農業技術を完成しており
日本で数少ない農作物、畜産物の供給源となっている。
このため、政府やNSPからも一種治外法権の扱いを受ける
その特権を利用し、政府に追われる人々を匿っている。

地サツ星 黄 信介(こう しんすけ)
山形県・蔵王地方の某警察署勤務
地元の小花自然動物園長・小花 栄(おばな さかえ)とは親友
伯父の署長が小花の部下に殺され(実はNSPの土方副長が謀殺)たため
土方の命令で小花逮捕に出動するが…

ちなみにこの署長、小花に食糧をたかりながら
NSPにも通じる(この漫画では数少ない)悪党、
その名も黄 文平(こう ぶんぺい)w


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 03:08:39 ID:89eevKCA0
杉本苑子の悲華水滸伝を読んでるけど、5巻で「弘明」(=孔明)、「撲天ちょう李広」(=李応)なんて誤記が散見されて興ざめ。文庫版の初版だけど、その後直ってるんだろうか。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 18:30:27 ID:BoJI/zrIO
南総里見八犬伝

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 19:27:42 ID:mErg+EbU0
>>121
ちょうど今、第129回を読み始めた

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 19:46:57 ID:N34i3Ykb0
八犬伝は

信乃=林冲
荘助=花栄か戴宗
道節=史進か盧俊義
現八=楊志
小文吾=魯智深
毛野=燕青
大角=柴進

こんなところかな?
しんべはわからん;

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 20:35:44 ID:GEVyVU350
どっちかっていうと
親兵衛=燕青じゃないか
毛野は朱武あたり?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 20:58:00 ID:N34i3Ykb0
毛野はアクションや変装もこなせるから
呉用とか朱武とは毛色が違うと思うんだがなぁ

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 21:21:01 ID:ojpedh4e0
なら石秀とか

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 21:38:20 ID:/mdaowBf0
毛野=かなり強い呉用

呉用だったら変装もこなせる。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 21:55:42 ID:5X7P+vhE0
まあそもそも、完全に同じタイプのキャラってのもいないしな

129 : 【豚】 【347円】 :2007/01/01(月) 23:32:43 ID:0jS5V6o40
>>128
俺もそう思うが、
あえて毛野=鄭天寿と言ってみる。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:33:06 ID:VMpl3rUYO
>>121
南総里見八犬伝の元ネタは水許後伝と言うのは本当ですか?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:38:49 ID:Ss1ZUeQ10
水滸後伝をオマージュしてるのは椿説弓張月

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 21:21:51 ID:tNzAeZWU0
昔、谷恒生の「群星、梁山泊に翔ける」を読んだ。
李師師が徽宗皇帝に寝物語で豪傑たちの冒険を語るという趣向で、威厳に満
ちた徽宗wという珍しいものが見れるが、その中で語られる豪傑の評価や描
写が以前どこかで読んだ水滸評論のモロパクリだったのがいただけなかった。
「大水滸伝」といい、有名作家の作品だから良いものとは限らないと思い知
らされたもんさ・・・orz

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 21:29:36 ID:MlimZKd60
妖異金瓶梅は三次創作か

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 22:41:30 ID:UEJn9Cft0
谷恒生といえば昔、慶長水滸伝を書いていたな

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:22:14 ID:voEVFiaq0
>>132
故人のことを悪く言いたくないが、ダメな方の谷だもの。

「大水滸伝」の方は言うに及ばず

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 18:53:35 ID:QpwbKhmh0
北方の文庫版水滸を読んでるが面白いね。
個人的には王進先生が好漢を立ち直らせるというのが面白くて良い。

ただ、登場する女性が軒並み不幸な目に会うのが少し可哀想だな。
今後、幸せになる女性が出てくることを祈ろう。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 20:42:55 ID:p3GOLv4Z0
幸せな女性か・・・王進先生のかーちゃんとか

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 23:46:10 ID:VfYkel5w0
金翠蓮

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:48:39 ID:lnBGheoc0
水滸新伝は面白いんだが、鮑旭が普通にいい奴になっているのと王英がスケベ親父じゃない点はいただけない。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 19:38:23 ID:RcoWRXBK0
鮑旭は李逵以上に基地外じみてる感じがするからいいのに

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 23:51:29 ID:fZWpKeWl0
>>140
激しく同意しておこう 容姿もバケモノ系に描かれてたしな
他に殺人狂臭い好漢は、やっぱケ飛かなぁ 鄒淵もなかなか

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 01:06:32 ID:hlovJFD/0
雛淵は情に厚い反面、気性が激しいってしか性格説明はされてなかった希ガス
雛潤は化け物だが


34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)